やっちまった・・・Nexus One修理失敗。

使い始めてわずか2ヶ月弱。
Nexus Oneは瀕死の重傷を負いました・・・・。

事の発端は、トラックボールの動作不具合

いつものようにトラックボールでスクロールさせていると、どうも動きが悪い。
明らかに何かが引っかかっているような感じがしました。
そこでNexusOneを分解して、原因を究明しようとしたのが失敗の始まりでした。

分解作業に必要なもの

  • T5 ヘックスグローブドライバ
  • プラスの精密ドライバ
  • ケースオープナー

この3点あればOKです。
あと作業は自己責任で。

分解作業

参考にしたのは下記の2つのサイトです。

写真のサイトの方はあまり参考になりませんでした。
以下、写真や動画では難しかったところなんぞを。


最初はバッテリカバーを外して、本体上部2カ所の星形ネジを外します。
左側には「VOID」シールがありますが、保証も受けられないので躊躇なく剥がします。


iFixの写真では本体左側から外していましたが、とてもじゃないけれど外すことは出来ませんでした。
むしろ写真にあるように本体右側のケースオープナーをつっこんでいるところにあるツメを外す方が簡単です。


黒い部分とグレイの部分の間にケースオープナーをつっこみます。結構力が必要です。
ここのツメさえ外れてしまえば、黒い部分が浮くので、左側も右側と同じような位置にあるツメを外すことが出来ます。


ボトム側のカバーを外します。
1の丸あたりにケースオープナーを溝に軽く突っ込めば簡単に浮き上がります。
しかし、2の丸は突っ込んだだけではあかず、ケースオープナーを奥の方まで差し込むように入れて、テコの原理で半ば強引にあける必要があります。
ここの差し込んだ先には、加速度センサーが付いているので、傷つけないように注意してください。


ネジは星形と通常のプラスです。


ネジを外したら裏返し、写真のところにケースオープナーを突っ込みます。
ここは簡単に外れました。左右2カ所です。


ネジは丸印のプラスネジ。
あとは四角印のフレキシブルケーブルを外します。
一番左上はフレキシブルケーブルではなくて、アンテナのケーブルでしょうか。
ちょっと固く外しづらいです。


次に基盤のトップ側を外します。
ツメで固定されているのでゆっくりと外してください。


基盤トップの右側も左側と同じように外すのですが、丸印のところに電源ボタンに通じるフレキシブルケーブルがあります。
非常に小さいので気をつけてください。

ちょっと写真を取り忘れたのですが、基盤トップのツメ2カ所を外し終えれば、基盤が取れます。
このとき、矢印の方向へ基盤を押し込むようにゆっくりとスライドさせればOKなのですが、この基盤の裏側に両面テープ止めされているゴムパーツが複数あるので取れないように注意してください。(取れてもまたくっつくとは思いますが)


トラックボールにたどり着くには、丸印3カ所のネジを取ります。


トラックボールのパーツを外してみたところ、案の定、ゴミが付着していました。
これを除去したらトラックボールの回転も良くなりました。

作業終了、、、、電源が入らない。

あとはこの手順を元に戻していくだけ、なハズでした。
しかし、電池パックを入れてもまったくうんともすんとも言いません。


電源スイッチの接触が悪いのかと見ていると、なんとフレキシブルケーブルが完全に切れていましたorz

高い修理代になってしまったなー。。。。

しばらくはNokiaで運用したけど・・・

しばらくはNokiaE55を使っていましたが、やはりNexus Oneの方が使い勝手が良いし、レスポンスも最高。
しかもNexusOneのGoogle直販がなくなるということで今後、SIMフリー機種が手に入りづらくなりそうです。

仕方なく、Nexus Oneを発注。
ヤフオクとかで中古を購入しようかとも思いましたが、競り合うのは面倒だし1shopmobileで購入しました。

なんとかフレキシブルケーブルが直ればいいけど。

関連のありそうな記事

3件のコメント

  1. Nexus One の液晶を割ってしまいLCDの交換を行うことにしました。
    分解まで、参考にさせていただきますっ!もちろん自己責任でっ

  2. >>bigchuさん
    はじめまして〜。
    くれぐれも自己責任でお願いしますね・・・、私みたいにならないようにw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください