世代交代 ガスバーナーヘッド

親父の所有物でもあったガスバーナーのヘッドを無断で持ち出し、使い続けて数年。

火勢が弱くなったなぁと思っていたら、とうとう点火しなくなってしまいました。(家でも使っていたのが寿命を縮めた原因か?)
近いうちに妻もテント泊山行をやるそうだから、これを機に買いました。
REVO

親父が使っていたのは、15年くらい前だから、相当物持ちがいいみたい。お世話になりました。多謝。,ガスバーナーヘッドはいろいろあって、購入すべき基準がよく分かりません。
火力が強いものもあるし、軽量化されているものもあるし、また灯油を燃料にするものもMSRから発売されています。

基準についてはよく分からないけど、
・火力が強い

・軽い
・あんまり安くない、ミドルクラスのもの
・ガス式(うちにEPIのガスが大量に余っているので)
という勝手な基準で選んだのが
EPI REVO-3500です。

66
2003年にグッドデザイン賞も受賞している売れ筋商品?なのでしょうか。
さかいやで夏のセール対象品になっていました。25%オフの7500円。

筒から取り出すと、

非常にコンパクトなバーナーヘッドが出てきます。高さはおよそ握りこぶし程度。
重さは100グラムを切っていますので非常に軽いです。

広げてみると、、
67
一般的なコッヘル(鍋)が乗っかりそうですね。
火力は3500キロカロリーで、結構イケてます。

点火。

68
危ないから家の中でやるなよ、という声が聞こえてきそうですが
特有のゴォーっという音とともに青い炎がいいですね。
火花を出す装置もありますが、山では意味がなさそうなので、あまり使わないでしょう。
あと、防風性は弱そうなので、防風板もついでに購入しました。

小さくてなかなか使い勝手が良さそうです。
今度ラーメンでも作ってみます。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください