[フェリー旅]東九オーシャンフェリー、東京〜徳島〜和歌山

東京〜徳島〜和歌山の旅です。 仕事に疲れたので、時間とは無縁の旅をしたくなり、フェリー旅を選択しました。

2018/10/12 Fri 東京・有明発

りんかい線・国際展示場駅前から有明フェリーターミナル行きの車が出ています。料金は無料です。 あくまでフェリーなので、車両なしで乗船する人はほとんどいません。 また、乗船券を買うに当たり、乗船名簿に記載するための申告が必要です。 ネットで予約をしていれば、乗船券を受け取るくらいで、特に何もいりません。 船室はいろいろありますが、一番いい部屋を取りました。 とはいえ、部屋は「ルームチャージ」なので割り勘になります。 乗船券(2等客室)=11,500円 部屋代=12000円 部屋代は高いといえば高いですが、徳島までの移動料金を考えると安い部類かと思います。 BS放送を見られるテレビ、冷蔵庫、4人分のベッドなどがあります。 船のロビーといいますか、休憩スペースはすでに人でいっぱいです。 車で乗船した人は、入浴も済ませて一杯引っ掛けています。 新造船になる前のオーシャン東九には、軽食を食べられる食堂らしきものがありましたが、新造船後はそういうものはありません。 冷凍食品が中心の自動販売機に頼ることになりますので、野菜などを食べたい場合は、国際展示場前のコンビニで調達しておく必要があります。 部屋でパック寿司とワインを飲みました。 東京ゲートブリッジをくぐるときは、屋上にいたほうが良いですね。

2018/10/13 Sat おーしゃんフェリー船上、和歌山へ。

酔っ払って朝には和歌山沖を航行しています。 遠州灘付近を通るときは、3G/4Gネットワークは圏外になったような気がしますが、和歌山県・紀伊半島が見えてこれば、4Gネットワークがつながるようになります。このあたりは真夜中のことなのであまり気にしなくてもいいかなと思います。 ちなみに東京から徳島へ行くなら、右舷側をおすすめします。 左舷側は電波は入らないし、ずっと海だけなので、正直飽きます。 朝ゴハンは冷凍かき揚げそば。 野菜以外ならとりあえずは空腹をしのげます。 13時50分、定刻通り徳島県・オーシャン東九フェリー 徳島新ターミナル(沖洲)に到着。 ちなみにふぇりーびざんは、ポカリスエットのCMで高校生がダンスをする船として、映像に残っています。 ポカリスエットCM|「踊る修学旅行」篇 60秒 ふぇりーびざんに別れを告げ、歩いて20分あまりのところにある南海フェリー 徳島港フェリー ターミナルへ向かいます。 到着しました。和歌山市行きのフェリーは16時30分なので、2時間程度待ちがあります。 夕暮れ前に到着。 今度は2時間の船旅。 バスに乗って市内へ。 和歌山駅は結構栄えていて、飲み屋もいっぱいありました。

2018/10/14 Sun 和歌山市内観光

和歌山市は戦国時代、雑賀衆と呼ばれる鉄砲集団の街が形成されたところだそうで、いずれ行ってみたいなぁと思っていたところです。 電動自転車を一日1000円でレンタルできるので、借りてみました。 和歌山城。どちらかといえば、がっかり城です。 個人的には、鉄筋コンクリートでも構わないので出来る限り当時の構造なり姿を再現してもらいたいのですが、ありがちな城内部は博物館のものでした。 景色は良かったです。 紀州東照宮。日光東照宮にはしっかりと行ったことないのに。 紀州東照宮のすぐ隣りにある、和歌浦天満宮。 紀三井寺。 太田城跡。日本三大水攻めの一つだそうだ。たまたま行っただけだったけど、偶然にも水攻めロケーション、コンプリートです。 一番良かったのは備中高松城かな。 1.秀吉が攻めた岡山県の備中高松城。 2.小説「のぼうの城」で有名な埼玉県の忍城。 3.秀吉の紀州攻めで水攻めにあった太田城。 水攻め用の堤防が築かれたようですが、今は民家の畑です。 雑賀城跡も行ったのですが、ヤブの中にあるような小山で、あまりおすすめしません。

2018/10/14 Mon 関西空港へ

最終日はレンタカーを借りて、観光しつつ関西空港へ向かいました。 根来寺 信長の紀州攻めで抵抗したお寺だそうです。 鉄砲の弾痕があるようなのですが、時間がなくて探せず。 雑賀衆のことを調べるなら、根来寺の横にある「岩出市民俗資料館」がおすすめです。 というかここは無料なのにすごく充実しています。

淡嶋神社

人形を供養する神社だそうで、結構不気味。

深山砲台跡地

休暇村紀州加太の周辺にあります。 景色がすごくキレイ。瀬戸内、淡路島が一望出来ます。 ホテルの近くにある弾薬庫 ホテルから下ったところにある砲台跡への遊歩道。

関西空港へ

関空と本州を結ぶ橋がタンカー船によって壊され、復旧したあとに行きました。 始めて行く空港なので仕方ないですが、分かりづらい空港という印象。 座席モニターで電子ブックとか読めるのは良いですが、Wifiはおそすぎて使い物になりません。 無事羽田空港に到着。 東京から和歌山までは、おそらく3時間あれば行けるところを、およそ24時間かけて行ってみました。 時間に追われる毎日ですがこういう時間の過ごし方は、心を安らかにしてくれるなぁと思います。  

関連のありそうな記事

1件のコメント

  1. まったり旅行お疲れ様です。
    会社の疲れは抜けました?
    見た感じ結構アクティブな旅行ですね。
    私も娘がまだ小さかった頃、鹿児島に
    祖母がいてましたので
    カーフェリーで大阪〜志布志まで
    良く利用してました。
    初めてのフェリーで、まだ伝え歩きの娘が
    船の微妙な振動で妙にハイテンションになり
    なかなか、寝ないので抱っこしてウロウロしていたら
    同じような感じの見ず知らずのお母さんに
    「そちらもですか?」と声を掛けられたのを
    思い出しました。どうも船の振動は赤子には
    ハイテンションにする何かがあるみたいです。
    今は娘も大きくなりましたので、LCCで安く
    通ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください