[電子書籍]Kindle Paperwhite 3Gがやってきた。

結局買っちゃいました。

amazonevent0052-600

なんだかんだ、携帯で見るのも読みづらいし、ということで買っちゃいました。

いろいろ発売されている電子ブックリーダー

電子ペーパー?な製品はいくつかの会社から出ているようですが、調べた限りだと

Kndle Pperwhite 3G SONY reader PRS-T2
ディスプレイ 6インチ
768×1024ドット
16階調
6型電子ペーパー(解像度 600×800ドット) 搭載
16階調グレースケール
内蔵メモリー容量/使用可能領域 2 GB (使用可能領域約1.25 GB) 約2GB/約1.3GB
充電池持続時間(約/時間) 明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで
1日30分使用した場合、1回の充電で最大8週間利用可能。
約30,000ページ
ワイヤレスオフ時: 最長2ヵ月 (1日30分読書時)
ワイヤレスオン時: 最長1.5ヵ月 (Wi-Fi利用時)
最大外形寸法(幅×高さ×奥行/mm) 117 mm x 169 mm x 9.1 mm 約 幅110×高さ173.3×奥行10.0mm
質量(充電池含む/g) 222g 約164g
microSD なし あり

性能としてはどっちもどっちも、といった感じでしょうか。
最後まで悩んだのは「microSDカードスロットの有無」「3Gネットワーク」「バックライト」「リフレッシュ回数」の4点。

一番重視したのは「microSDカードスロット」。
自炊する上では、ファイルサイズの大きいPDFファイルを1GB程度のメモリにしか置けないのは、ちょっと悩みました。

けど最終的に、Kindle Paperwhiteに決定。
決め手は「もうamazonで本を買っちゃってるから」「バックライト」
この2点ですね。

購入先

amazonで買おうが、ビックカメラで買おうが値段は一緒。
どうせ、ポイントが付くんだからと、仕事帰りにビックカメラに寄って購入しました。

使ってみて。

いろんな方が既にいろいろ詳しいレビューをしているので今さらでしょうが・・・

  • 高いけど3G版を買ってよかった。
  • Amazonで本を気軽に買えるのはやっぱいい。
  • 携帯の液晶で読む感覚とは全く違う。紙に近い。
  • JailBreakのようなことができるらしい(メリットほぼなし)
  • 暗いところで読めるけど、一番ライトを暗くしても結構明るい。
  • 自炊本(文庫本サイズ)を入れてみたけど、結構手間がかかるね、これ。

という感じ。

スクリーンショットも撮れるw

screenshot_2013_05_12T14_07_14+0900

ワンクリックで本を買えるのはGood
screenshot_2013_05_12T08_17_35+0900

スキャンしたPDFを無加工で読みとると酷い出来
screenshot_2013_05_12T13_53_39+0900
(司馬遼太郎 花神(上))

というわけで、自炊本を読むには手間がかかるラシイ。