Essential Phone PH-1がやってきた。

発売からすでに3ヶ月が経っているのでいろいろな情報が出ていますので今更感は否めませんが、思いついたことを。

購入

購入先

Amazon.comが一番良いと思います。

11月のブラック・フライデーでは399USDという破格の値段で販売されていました。
そうでなくても499USDで購入できるので、このスペックの端末がこの価格、というのはお買い得ですね。

時々日本への発送が出来なくなることもあるようですが、しばらく待てば発送してくれます。
Amazon.comは日本のAmazon.co.jpとさほど変わらないので、多少の英語が出来ればかんたんに輸入が出来ると思います。

費用

ドル価格なので、常に同じ価格ではないですが、

本体価格—57,945円
配送料—2,328円
輸入消費税?—4,823円
—————————————–
合計65,096円

ととなりました。
細かいレートなどの表示はクレジットカードにもアマゾンにも表示されませんでした。
57945円÷499USD=1ドル116円程度で計算されていることになります。
購入時の為替レートが1ドル112円前後でしたので、為替レートに3%ほど手数料が取られているようです。

輸送、配送

輸送はUPS。
日本到着前にUPSに連絡してクロネコヤマトに変更しておくと、土日祝日も配達してくれるので便利です。
輸送途中にトラブルがなければ、2,3日で届くと思います。
(私の場合は機械トラブルと航空機到着遅れが発生して遅れました)

Softbank回線

私のメイン回線はソフトバンクで、SIMフリーモデル用のnanoSIMを使用しています。

Essential Phoneのネットワークではこちらの記事が詳しいです。

twitterとかいろいろブログを検索してみましたが、
Y!mobile回線での記事はいくつか見ましたが、Softbank回線の記事については、見つかりませんでした。(ネットワークとしては同じなのでしょうけど)

通話

Pixel 2 XLでは3Gネットワークにしかつなげませんでしたが、
VoLTEが有効になります。素晴らしい!
アンテナピクトが3G通信を示す「H」にならず「LTE+」のまま。

モバイル通信

LTE回線がバリバリ使えます。
LTEで100Mbps超えって見たことがなかったので、
最初は間違いだろうと思っていましたが、
何度も出たのでこういうものだと納得。

カメラ

前評判通り、光の弱いところの撮影はイマイチですが、
それ以外は不満はありません。
また、Essentialオリジナルのカメラアプリを使わず、
Google搭載のカメラアプリをインストールして使えば、
HDR+の撮影が出来るので問題ないと思っています。

カメラアプリも徐々にアップデートされていますので、今後に期待が持てそうです。

アプリとか

この辺はすでにいろいろなサイトでレビューされているとおり、すごくシンプルです。
シンプルすぎて、面白みがないと言えばそのとおりです。

Softbank SIMを挿していたせいでしょうか。
MySoftbankが表示されます。
Softbankから発売されるのでしょうか。(買わないけど)

アクセサリー

液晶保護

老舗のPDA工房やビザビで販売されています。

各店のサイト上からでも買えますし、
Amazonからでも購入できます。

ケース

これに苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。

私は透明TPUケース派なのですが、なかなか見つかりませんでしたが、
2017年12月に入ってAmazonでの出品が充実してきました。

クリアの方はAmazonのレビューの感想通り。
装着感はいいですが、スイッチ類のプッシュ感が全くなくなります。
概ね満足です。

TUDIAのケースは買って損はないと思います。

 

Anroid 7.1なのが残念ですが、Android 8.0?8.1?へのアップグレードもありますので、使い勝手も良くなると思います。
また、ROM焼きとかいろいろと遊べそうなので、しばらく使ってみようと思います。

 

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください