[Softbank]持ち込み機種変更で分かったこと。

結局、月々の支払は高くなるのです。

fig_main

契約後、一ヶ月が経ちましたので、以前の投稿以外に分かったことも含めてまとめてみました。

事前情報

持ち込み機種変更についての情報が少なかったです。

契約の詳細について、明確な情報がなかったため、トータルコストが高くなるのを分かっておきながら、契約しました。
結果として分かったことをまとめてみます。

マルチUSIMカード(F)の在庫は少ない

SIMフリー機専用のSIMカードのことを「マルチUSIMカード(F)」というようですが、流通している在庫が少ないようです。
sim-comparison

東京の直営店のことですが、2016年2月1日に問い合わせた時点では、残り1枚と言われ慌てて契約しました。

ネット上の書き込みからの情報によると、

  • 取り寄せには1週間で取り寄せられた
  • 3週間かかった
  • 直営店でしか持ち込み機種変更が出来ないと言われた

など上がっていました。

直営店以外の店舗が大半のソフトバンクショップですが、持ち込み機種変更の話をしてもポカンとされる可能性が高いです。

システムとしては出来るはず(という憶測)なので、詳しい店員頼みになってしまいそうです。
(直営店だって一瞬、ポカンとされたんてすから。)

機種変更の契約に必要なもの

基本的には機種変更と同じですので、

  • 身分証明書
  • SIMフリー機 本体

があればオッケーでした。

技適マークは必ずチェックされます。
見せれば済む話なので、素直に見せましょう。
Screenshot_2016-02-02-20-18-48
特にカバーが外せる端末は、バッテリー裏あたりに技適シールが有りますが、画面に表示させる技適マークの場合は自分で操作して見せた方が早いです。

ただ、ぶっちゃけた話、Xperiaのようにファームウェアの書き換えが容易な端末は、技適マークの表示も書き換えられてしまうので、何のためのチェックなのかと疑問に思います。(大人の事情ですね)
さらにぶっちゃけちゃえば、技適マークのスクリーンショットをどこからか拾ってきて見せ・・・そんなことは法に触れるのでやめましょう。

通話プラン変更が強制される

スマ放題という通話無料プランを契約しなければなりません。
しかも、2年縛りにしないと通話だけで4,700円というクソっぷり。
sumahoudai

5分だけ通話無料になるスマ放題ライトでの契約が可能かどうか不明です。
少なくともホームページにはスマ放題としか記載されていません。
sumahoudai

月月割が継続されている

毎月一定額を割り引くことで端末を破格の値段で使用できる、どのキャリアにもあるお馴染みの2年縛り割引契約ですね。

これは持ち込み機種変更後も何故か継続されています。

自分の場合はNexus 6P 64GBを一括で支払っているので、毎月2,500円ほど通話通信料から引かれています。これはありがたい話ですね。
tukidukiwari

月月割が継続していることについて憶測ですが、システムにSIMフリー端末を登録できないことが原因なのではないかと思います。

理由として明細には

  • USIM再発行手数料
    USIM-saihakkou

として記載されていること
もう一つは

  • MySoftabankには使用端末がNexus 6Pとして登録され続けていること
    mysoftbank-n6p

があるからです。

「持ち込み機種変更」というのは「SIMカードの再発行」ということですね。

・・・Xperia Z5 Compactにこんなメールまで届きました。
Screenshot_2016-02-27-14-04-57

月々の支払額が増えた

Googleスプレッドシート上でのシミュレーションでは
3000円ほどあがりました。

他のプランも含めて7パターンくらい作って比較しましたが、結局のところ使用データ量が多ければそれに応じて高くなっていくだけです。
compare-plan

 

結局、せこせこ5GBのプランでやっていくしかないのでしょうか。
そしてこの通話し放題ってプラン、誰がこのご時世、延々と何時間も話をしているのでしょうかね。通話料無料にして「どやっ」って言われても何も嬉しいことはありません。

IMEI制限

新しくなったSIMカードで残念なのは、キャリア端末ではSIMロックがかかっているので通話も通信も使用することができないということ。(Nexus 6Pは関係ない)

Screenshot_2016-02-02-20-59-20
AQUOS Xx2 502SHは使えず。

他のSIMフリー端末では差し替えても使用することができました。

まとめ

SIMフリー時代到来の中、IMEI制限を掛けてくるという新手の技を仕掛けてきたSoftbank。

逆に言えば、きちんとした契約を結べばSIMフリー端末をほぼキャリア端末と同じように堂々と使えるようになったとも解釈できます。(無理やり)
(docomoはIMEI制限を解除してSPモードを開放していますが。)

3月以降にソフトバンクも他社に追随して相変わらずセコいプランを発表しますので、使用状況に応じて契約プランを変更するかどうか見極めたいと思います。

今年発売されるXperia X PerformanceあたりからLTEプラスエリアも掴むようになるし、全回線をMNPしてもいいかなぁ。

これを書いていてメールが届きましたが、太っ腹ですな。
freetel-ad

2件のコメント

  1. 一年前の記事へのコメントで恐縮ですが、マルチUSIMカード(F)での契約にIMEI制限はありません。AQUOS Xx2 502SHのくだりはSIMロックと混同されているように見受けられます。

  2. よく総務省が通信事業の認可おろしたなと思います。
    税金で食ってるのと一緒ですよ。遊んで食う。
    若いヤツってずるいの多いね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)