b-mobile fairを購入

とりあえず、これまた新しくもないネタですが。

先日、徳島へ行く際に以前から契約していたb-mobile U300 SIMも同行させようと思っていたところ、SIMカードを紛失。
探せど見つからず、出発の時間もほとんど残っていなかったので、羽田空港へ行く際に有楽町ビックカメラに寄って、b-mobile fairのSIMカードを購入。
旅先で開通手続き。

これだけで気軽に3G回線に繋げることが出来るのは、いい時代になったと思います。

回線速度を取るか、価格を取るか。

以前から、b-mobile fairには興味があったのですがその価格を支払うのにはためらいがありました。

  • 使い放題ではなくて1GBが上限であること。
  • 一度に支払う価格が1万円弱と高価なこと。

U300はプロキシを使えるのでブラウジングする程度なら、表示速度に対する不満はありませんでしたし、チャージも一ヶ月3000円弱なら小遣いの中で十分払っていけます。
一度に1万円を支払うというのは結構、きついものです。

普段の通信量を調べる

普段は何も気にせず使っているので、MySoftbankでパケット量を調べてみました。
ここ半年で一番使ったのが5月。
パケット数は「9,437,188pkt」。

パケットだとよく分からないのでbyteに換算。
こちらのサイトを利用させてもらいました。

結果、「1152MB」
もうb-mobile fairの上限である1000MBを突破しました。
一番少ない月でも4,000,000pkt程度ですので500MBは使っていますね。
120日以内に使いきるのかな。

ということでb-mobile fair回線をメインの端末に使うことはできないのでサブ端末であるSO-01Bに装着。

6月4日に開始して、3週間弱。
b-mobileのアプリ「bcharge」で確認。

使用量少なっ。
どれだけビビって使っているのでしょうか。
わずか8MBしか使っていません。もったいない。

普段はapndroidでデータ通信を完全に遮断しています。

赤い「↑↓」のウィジットでオンオフを簡単に切り替えられます。

ちょっと気になったイオン+b-mobile

このSIMを買った後、イオン店舗限定販売のSIMが発売されました。回線速度に応じて3つのプランが用意されています。

イオン限定プランは3種類用意されている。
月額定額980円、同2,980円、同4,980円の3タイプで、それぞれ通信速度は順にベストエフォート 100kbps、400kbps、Mbpsとなっている。
いずれもベストエフォート型なので、実使用時の速度は若干落ちるものの、料金は安い。
なお、 4,980円のプランの速度は「Mbps」との表記のみで、具体的な数値は公開されていない。(ネタ元

b-mobile fairを使い切ったら、乗り換えたいなと思っていましたが結構、契約、解約ともに面倒みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください