Xperia UにCM9をインストールしてみた。

なかなかいい動きします。

最近、Xperia Uに触ってないなぁと思いつつ、XDAを覗いてみたらそこそこの盛り上がりが出てきていましたね。
そしたらFreeXperiaProject(CyanogenModの派生プロジェクト)からCM9が出ているじゃないですか。
早速インストール。

準備するもの

  • bootloaderはアンロック済み
  • https://sites.google.com/site/projectfreexperia/download/cyanogen-mod-9
    ここのページの「FXP146 http://ul.to/f/9wnfky」ってかいてるtiny urlをコピペして移動。
    「FXP146_cm-9-20121108-UNOFFICIAL-kumquat.zip」をダウンロード。
  • Google Playとかインストールされていないので「http://goo.im/gapps/」のページに飛んで、「gapps-ics-20120429-signed.zip」をダウンロード。

これくらいですかね。

焼き始め

まず、ダウンロードしてきた「FXP146_cm-9-20121108-UNOFFICIAL-kumquat.zip」を解凍して、なかから「boot.img」を取り出しておきます。

次に先ほどの「FXP146_cm-9-20121108-UNOFFICIAL-kumquat.zip」をzipファイルのままXperia UのSDカードみたいな内部メモリに転送しておきます。
初期化した直後だったので、転送方法はadbコマンドで送り込みました。(Ubuntuなもんで、マウントできない)

adb push FXP146_cm-9-20121108-UNOFFICIAL-kumquat.zip /sdcard/

てな感じで。
そのまま、gappsも転送しちゃいます。

adb push gapps-ics-20120429-signed.zip /sdcard/

こんな感じ。

これで下ごしらえはオッケー。
電源オフ。

次にfastbootモードで起動。
ボリュームアップを押しながらPCとXperia UをUSBケーブル接続。
青く本体が光ればオッケー。

fastboot flash boot boot.img

これでCWM入りのbootイメージが焼けました。
あとはもう一度電源を切って、再度オン。
「FreeXperia」と表示が出たらボリュームアップを連打すればCWMへ突入できます。

最初に「wipe data/factory reset」を実行。
次に「install zip from sdcard」→「choose zip from sdcard」を選択して、「FXP146_cm-9-20121108-UNOFFICIAL-kumquat.zip」と「gapps-ics-20120429-signed.zip」をインストールします。
最後にCWMのホームに戻って「advanced」→「wipe dalvik cache」をしておけばいいのかな。
再起動。

無事にcidくんがお目見えして起動すればおっけー。

もしcidくん止まりだったら焼く前にCWMリカバリの「wipe cache」とか焼いた後に「permission fix」とかやってみてください。

スクリーンショットとか、動作状況とか。

システム情報

wifiもちゃんと掴んでくれました。

肝心の3G接続はというと。
ノーマルのSIMカードが手持ちではb-mobiel 4G wifi2にささっているデータ専用SIMしかなかったので、仕方なくこれを挿してみる。

アンテナは立ってないけど、通信は出来ました。

こういう機能もありがたい。
マスストレージ。

スピーカーもちゃんと音が出ます。
Music Playerはapollo。

残念なのはカメラが反転してしまってます。

antutuスコア。「5179」
まぁこんなもんでしょう。

このkernelではクロックアップとかそういう機能はついてません。

もちろん、発展途上なCM9ですが思った以上の出来。
最低限の機能はちゃんと動作している印象でした。