[Xperia Z Ultra C6833]Kitkatへ。

Xperia Z1に引き続き。

81ehZrVLHCL._AA1500_kitkatが食べたくなってきた。

手順はほとんど一緒。

  1. Android4.4.2なftfファイルを拾ってくる。
  2. Flashtool ver0.9.15.0で焼く。
  3. カスタムkernelをfastbootモードで焼く
  4. SupserSU.zipをCWM経由で焼く。
  5. 再起動して終わり〜。

ftfファイル

いくつかあるようです。

自分のZ Ultraは確かイギリス版だったので、同じ欧州圏ということでドイツ版を。
正直、どこでも変わらないともいますが。

Flashtool 0.9.15

最新版でないとftfファイルを開くことができません。

カスタムKernel

CWM+TWRPなカスタムリカバリ入りのカスタムKernel。
Screenshot_from_2014-03-21 14:39:54

SuperSU.zip

Flashtoolでさっそく焼く。

さっそくさくっと焼いてみるわけですが、現状のZ Ultraはプラスエリアをつかむと言われるBC6に対応させています。
おそらく、Basebandを焼いてしまうと、BC6が消えてしまう可能性があります。
消えないようにExcludeの「BASEBAND」にチェックを入れて焼いてみました。
E130_2014-3-21_15-14-19_NoName_No-00

続いてFastbootモードで接続

呪文を唱える。

$ fastboot flash boot 681_jackie099.img
sending 'boot' (16506 KB)...
OKAY [  0.519s]
writing 'boot'...
OKAY [  1.091s]
finished. total time: 1.611s

再起動します。

次にSuperSU.zipをインストール。

再起動し始めたらボリュームボタン連打でCWMへ。
SDカードにコピーをし忘れたのでsideloadから。

$ adb sideload UPDATE-SuperSU-v1.93.zip
sending: 'UPDATE-SuperSU-v1.93.zip' ?100%

これでrootもオッケー。

ドイツ人になりましたが日本語も無事オッケー。
zu-system-info

肝心のBC6は・・・
残ってますね。
ZU-plus-area

どこが変わったとかは、他の方のレビューを参考にしてください。(やる気なし)

Z1に続き、Z UltraでもXposedは動きませんでした。
作者さんなり、他の方の修正を待ちましょう。

使えました。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)