Milestone2でMMSの設定とか。

b-mobile SIM U300での運用もしていたのですが、メイン端末としての設定だけはしてみました。

Softbankネットワークを使えるようにする。

私が持っているのはVodafone時代の赤SIMです。
menu > Settings > Wireless & network > Mobile networks >Access point namesにアクセスしてmenuボタンから、「New APN」をクリックしておまじないを設定してください。

MMSを使えるようにする

PCに接続して作業をするのも面倒だったので、端末だけで作業。

まず、rootは必須ですね。
Root Explorerを使い、/system/appを開きます。
画面右上の「Mount R/W」ボタンを押してマウント。
大量のアプリの中に

  • Messaging.apk
  • Messageing.odex

のファイルがあります。
これがSMS/MMSアプリだと思いますので、名前を変えて保存。再起動しておきました。
X10 mini proの例で言えば、このリネームの作業は不要かもしれません。

次にいつもお世話になっている

CM以外のFroyoベースROMではテストをしていませんが動作するようです。(framework修正をapkに含めいています)

の「ダウンロード」からファイルを落とします。
頂いたファイルは「update-mms-20101115-non-cm-froyo-signed.zip」。

これを解凍して、/system/app/内にある「Mms.apk」をUSB Mass Storageモードで接続したMilestone2内のSDカードに移動させて、ROOT Explorerからインストールしただけ。

インストールするとメニューに「メッセージ」というアプリがあると思います。
(下の画像はADWのホームにショートカットを作ったものですが)

そこからUser-Agentの設定を済ませてください。
私はX02NKのものを使用しました。

今のところ、不具合についてはよく分かりません。

MMSを受信できなくなる場合に備えて、当然ですがMMSReqのインストールもお忘れなく。
Marketからダウンロードできました。

フォントの変更

あまりフォントの変更はしないのですが、以前fontoforgeで作成した絵文字入り丸ゴシックフォントを「DroidSansJapanese.ttf」とリネーム。
/system/fonts/ディレクトリを開き、恒例のマウントをした後、フォントをコピーしてください。

フォントの比較。
最初がデフォルトフォント。

次に丸ゴシック。

液晶保護シート

Milestone2の液晶サイズは3.7インチ。
巷に出まわっている端末で3.7インチなのはHTC Desire。
もちろん、インチは対角線の長さなので完全に一致しないことは分かっているのですが、ヤマダ電機でそんなサイズを堂々と測ることもできないので、適当に購入。
ま、そこそこサイズがあったからいっか。
そのうち海外から取り寄せます。ポケゲーさんあたりで販売してくれないかな。

ケース

PDAirでMotorola DROID2用のものがすでに出ているのでそれを購入予定。

あとは適当なアプリを入れていくだけ

コンタクトはどうも音読みで順番を並べているようで、せっかくフリガナ対応したはずのandroid2.2では意味がないですね。
置き換えアプリでもインストールすることをおすすめします。私は「Jブック2」を使わせてもらいました。

そういえば、気になるマルチタッチですが2点までしか認識しませんでした。
これではBダッシュジャンプができません。

まだ買って二日しか使っていませんが、なかなかいい端末だと思いますよ。
Nexus Oneを買った時や、X10 mini proを買ったときのような衝撃はないですが、安定して使えそうです。