[Xperia Z3 Compact]bootloaderアンロックで失われた機能を復活させる。その2

2015-03-28

結論から言えば、成功したように思えます。

Screenshot from 2014-12-22 11:26:39

 

【2015/03/28】
手順に一部誤りがあったので修正。

XDAでも徐々に成功例が出始めてきたので、もう一度トライしてみました。

前回の記事。

XDAを読んでいると、やり方をちょっと変えたら成功したようですね。成功したのはZ3とありましたが、自分はとりあえずZ3 Compactで実験。
XDAのフォーラムはこちら。

XDAをお読みになると分かると思いますが、XDAに実験結果をポストしてあります。

必要なもの、環境

  • ビルド番号は「23.0.A.2.93」
  • bootloaderはアンロック済み、AndroPlusKernelをインストール済み。
  • fastbootが使える環境
  • Flashtoolを使える環境
  • 23.0.A.2.93のftfファイル。
    今回使用したものは、PC Companionから自前生成したものです。
  • XDAのフォーラムから「DRM Restore for Xperia by EXRxYKG.zip」をダウンロードして、microSDカードに入れておく。
  • AndroPlusKernelをダウンロードしておく。
  • 試したデスクトップ環境はUbuntu 14.10+ThinkPad X240sです。
    Windows8.1でも成功したので、デスクトップ環境の違いは特にないと思います。

作業の流れ

XDAに書いてあるまんまです。

  1. Flashtoolで23.0.A.2.93のftfを焼く
  2. Flashtoolでbootloaderをリロックする
  3. Flashtoolでもう一度、23.0.A.2.93のftfを焼く
  4. Flashtoolでbootloaderをアンロックする
  5. fastbootモードでAndroPlusKernelを焼く
  6. カスタムリカバリであるTWRPから「DRM Restore for Xperia by EXRxYKG.zip」をインストール

これだけです。
なぜ最新のftfを焼かないかというと、まだftfファイルを作っていないから、という理由だけです・・・。
旅先でこの記事を書いているので、1GBもあるアップデートファイルをiijmioでダウンロードしたくない・・・。

では、レッツとらい。

1.Flashtoolで23.0.A.2.93のftfを焼く

XDAの記事の手順ではこれが載っていませんが、そのあとの補足で最初に焼いたとか書いてあったのでそのまんま。
BASEBANDを焼かないのは、プラスエリア化しているからです。
それ以外はすべて焼いたりワイプしたりしてます。
Screenshot from 2014-12-22 09:38:25

 

2.Flashtoolでbootloaderをリロックする

一度、Flashtoolを終了させて再度起動させました。
そうでないと端末を認識してくれませんでした。
Flashtoolの「BLU」と書かれたボタンを押してFlashmodeで接続すればオッケーです。
Screenshot from 2014-12-22 09:49:30

3.Flashtoolでもう一度、23.0.A.2.93のftfを焼く

面倒ですが、もう一度、同じ23.0.A.2.93のftfを焼きます。
Screenshot from 2014-12-22 09:47:38

4.Flashtoolでbootloaderをアンロックする

やり方は、2番と同じ要領で、アンロックできます。

5.fastbootモードでAndroPlusKernelを焼く

カスタムリカバリ入りのboot.imgなら何でも良いと思いますが、AndroPlusさんが作成してくださっている「AndroPlusKernel」がおすすめです。
自分のビルド番号に合ったものをダウンロードして解凍しておきましょう。

スクリーンショットを撮り忘れてしまいましたが、呪文を唱えます。

fastboot flash boot boot.img

6.カスタムリカバリであるTWRPから「DRM Restore for Xperia by EXRxYKG.zip」をインストール

特に説明はいりませんね。
リカバリはCWMでもTWRPでもどっちでも良いと思います。個人の好みです。
DSC_0026.resized
Z3で撮影しましたが、ノイズだらだら。

あとは再起動させれば作業としては終わりです。

実験結果

比較用に写真を。
せっかくなのでXDAにアップしたものとは違う角度の写真にします。
東京・奥多摩にある御岳神社を撮影したものです。

まずは画面設定で「OFF」の写真を。
解像度だけ変えました。
Screenshot_1970-04-18-21-09-46.resized

次に「X-Reality」を有効にしたもの
Screenshot_1970-04-18-21-10-07.resized

最後に「ダイナミックモード」
Screenshot_1970-04-18-21-10-25.resized

違いが分からねぇw
ということで、比較用gifアニメを作ってみました。
display-function-comparison

どうでしょうか。
色の違いが出ましたね。

次に低照度撮影時のノイズ除去機能ですが、これも多分、成功したと思います。
「多分」というのは、撮影前後で部屋の中に陽の光が当たり始めてしまったので、環境が変わってしまいました。なので、「多分」としました。

復活前の状態。
01_before.resized

復活後
02_after_DSC_0003.resized

これだけだと、違いが分からないと思いますので、拡大したものを。
同じ写真を比較するならXDAに上げたものの方が見やすいです。
XDAだと連続して写真を見られます。

比較用に分かりやすいところを切り抜いてみました。

まずは、改造前。
赤っぽいノイズが入っていますよね。
01_before_noise_pickup

改造後
赤っぽいところはなくなりました。
02_after_DSC_0003_noise_reduce

ただし、この比較は同じ環境下で撮影したものではないので、完全に復活したとは言い切れません。
個人的には、すげー嬉しいですが。

暇になったら、Z3でも試してみたいと思いますが、多分成功すると思います。