[Xperia Z Ultra C6833]android 5.0 Lollipop Google Edtion をインストール

隠れた名機で遊びましょう。

Screenshot_2014-12-06-14-45-09.resized

 

Google Play Edition版のXperia Z Ultraにも公式にLollipopが降ってきたと報じられていました。
Screenshot from 2014-12-06 14:27:22

なので、誰かがすぐに移植してくれるだろうと思っていたら、その期待に応えてくれる方がXDAにいましたね。

バグはない、と言い切ってますので早速試してみましょう。

必要な環境

  • bootloaderはアンロックしてあること
  • ファームウェアを最新版にしておくこと。
  • カスタムリカバリが必要

これくらいです。
カスタムリカバリが入っていなければ、カスタムkernelをサクッとインストールしておくほうが楽ですが、bootloaderをアンロックしていてカスタムkernelをインストールしていない人のほうが少なそうですね。

ファイルのダウンロード

先ほどの

から「Downloads ROM: 」の項目まで行き、「CLICK TO SHOW CONTENT」をクリックすればオッケーです。
自分はMega uploadからダウンロードしました。
Screenshot from 2014-12-06 09:44:14

このファイルをmicroSDカードにでもコピーします。

インストール

あとはカスタムリカバリに入って、/system、/data、/cache、/dalvik-cacheをwipeしちゃいましょう。
DSC02008.resized

インストール。
DSC02015.resized

起動後

Screenshot_1971-03-28-23-49-25.resized

モデル番号がC6806となっちゃってます。
system_info_gpe

 

さすが素のandroid。APNも入ってます。
IIJmioも最初から使えます。
Screenshot_2014-12-06-12-21-02.resized

ただし、なぜかモバイルデータが無効になっているので有効にしないとダメ。
これに気づかず、しばらく焦った。
Screenshot_2014-12-06-14-12-34.resized

 

無事にLTE通信も確立出来ました。
Screenshot_2014-12-06-14-14-34.resize

その後

インストール後、Google Playからターミナルをインストールします。
ターミナルが動けば何でもいいですが、自分はこれをインストール。

起動させて、呪文を唱えます。

$ su
# restorecon -FR /data/media/0

これをやらないと内部メモリにアクセスできないそうな。

バグ?

adb接続が出来ませんでした。

$ adb devices
adb server is out of date.  killing...
cannot bind 'tcp:5037'
ADB server didn't ACK
* failed to start daemon *
error: 

Google先生に聞いてみると、結構ヒットしますね。

今のところadb接続は使わないので、しばらくこの状態でZ Ultraを使ってみようと思います。

・・・と思いましたが、データ通信が安定しないですね。
再起動したらLTEにならないし、接続されません。

関連のありそうな記事

5件のコメント

  1. いきなりで失礼ですがいくつか質問させていただけないでしょうか?
    私もSOL24 build 14.3.c.0.239 を使用しておりまして、一ヶ月前にparanoidandroidを焼いたところ見事文鎮化し、修理に出して先程帰ってきました。がやはり懲りずどうしてもcustom romを焼いてみたいんです。
    そこでEasyRootToolを使用してroot化し、Xz Dual Recoveryを通してTWRPをインストールしてCM11を焼くことは出来ますか?
    またbootloaderをunlockする必要はありますか?自分のを調べた所、bootlock allowed noと出ていましたので気になって質問させていただきました。何卒よろしくお願いします

  2. こんにちはー。

    キャリアモデルはbootloaderのアンロックを認めていません。
    このアンロックを認めてしまうとやりたい放題ですからね。

    カスタムROMはカスタムkernelを必要とします。
    このカスタムkernelを焼くためには、boot.imgを焼ける状態、すなわち、bootloaderをアンロックしている状態でないといけません。

    John DoeさんがParanoidをカスタムリカバリからインストールしたのは/system領域だけであり、kernelを焼くことには失敗しています。つまり、SOL24の純正kernelのままですね。
    SOL24用のkernelではParanoidは起動できるはずはなく、文鎮化します。
    ただし、この場合はsoft-brickの状態ですのでFlashtoolで復活させることが可能なハズです。

    いろいろと長くなりましたが、キャリアモデルでCyanogenmodを始めとしたカスタムROMは焼けない、というのが結論です。
    グローバルモデルを買うしかないのです、残念ながら。

  3. 早速ご返信頂きました事、感謝申し上げます。
    これでようやく懲りました…

  4. 初歩的な質問で失礼致します。
    先日iPhone5s→Xperia Z3(Softbank)への乗り換えを致しました。

    バージョンは最新に保たれているのですが、この状態でroot化、そしてSIMフリー化することはできるのでしょうか。

    少なくともroot化だけはしてみたいのですが・・・。

    Androidに関しては詳しくないため、初歩的な質問になりますが、何卒宜しくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)