Xperia Z Ultra (C6833)をrooted

作業しながらログをブログにとっているだけなので、大して面白く無いと思います。

Screenshot_2014-01-20-22-11-01

 

root化

bootloaderをアンロックした際にDRMとBraviaエンジン?消えてしまいますが、TAパーティションをバックアップしておけば元に戻せます。

簡単にrootを取れるのがAndroid4.2.2な「14.1.B.532」なので、このバージョンのftfを焼きこの状態でrootを取ってしまいました。

いろんなftfファイルはここにあります。

ツールは大陸製のvroot。
suを送り込むだけに使います。

中国語で何が書いてあるかよくわからないので、インストールしたあとはSuperSUをGoogle Playストアからダウンロードしてインストールしてしまいます。
SuperSUのバイナリを更新すれば、vrootを消し去ることができますね。
E130-000010

TAパーティションのバックアップ

今はv9.10が出ていますね。
E130-000011

Sony Update ServiceでAndroid4.3へアップグレードを実行。

ついでにFlashToolでftfファイルの作成。
E130-000012

ftfの作成はXpreria界の大御所、XperiaにおけるAndroidアプリ考察さんが詳しいです。

Bootloaderのアンロック

いつもどおりこちらのサイトを参考に。

Android4.3のroot化。

bootloaderをアンロックしてしまえばあとは、CWM入りのboot.imgでも焼けば簡単だなぁと思っていたのですが、単体で配布されている様子はありません。

こちらのサイトのとおりにやれば簡単にboot.imgを送り込んで、SuperSU.zipを焼いてと出来ます。(だんだん飽きてきた)
E130-000017

 

 

まぁ、こんな感じで。