[Xperia Z5 Compact E5823]Android6.0 Marshmallowにアップグレード

世間でも話題になってますね。

Screenshot_20160125-134757

【追記20160313 21:00】Xposedの挙動も確認しました。

気になることは

細かなレビューは他のブログでいろいろと紹介されていますね。
自分が一番気になっているのは、UIだのDozeだのではなくて、

  • root化出来るのか。
  • DRMキー問題はどうなの。
  • 【追記】Xposedはどうなの

これだけです。

Xperia FirmとFlashtool

手順は割愛しますが、Xperia Firmでダウンロードしてflashtoolでftfを作って焼くだけです。

ダウンロードして
z5c6-download-ftf

作って
z5c6-create-ftf

焼いて
z5c6-flash-taiwan

終わりです。
z5c6-flash-complete

必要なファイルのダウンロード

ダウンロードした「drmrestore.zip」と「STABLE-SuperSU-v2.65-SYSTEMMODE.zip」はMicroSDにでも入れておくと便利です。

kernelとrevovery

脆弱性を突いたroot化は不可能となりました。
bootloaderをアンロックしているのが前提で、カスタムKernelとリカバリがandroid6.0向けに公開されるかどうか、にかかっています。
(自分でもビルドしたいけど、勉強する時間がないなぁ)

kernelから

いつもお世話になっているAndroplusさんの「androplus kernel」がさっそくandroid6.0向けにビルドされました。
早速使わせていただきます。
先ほどダウンロードした「Z5C_AndroPlusKernel_v20.zip」からboot.imgを取り出して呪文を唱えます。

$ fastboot flash boot boot.img
target reported max download size of 536870912 bytes
sending ‘boot’ (14956 KB)…
OKAY [ 0.473s]
writing ‘boot’…
OKAY [ 0.151s]
finished. total time: 0.623s

あっさりと終わり。

次にRecovery

こちらも同じようにfastbootモードから焼いていきます。

$ fastboot flash recovery recovery.img
target reported max download size of 536870912 bytes
sending ‘recovery’ (31212 KB)…
OKAY [ 1.011s]
writing ‘recovery’…
OKAY [ 0.283s]
finished. total time: 1.294s

おっけー。

リカバリモードへ

再起動して、ボリュームボタンを連打してTWRPのリカバリモードへ突入。

 

手始めにwipeの作業から。

Advanced Wipeから

  • Dalvik/ART Cache
  • Data
  • Cache

をそれぞれ消去します。
Screenshot_1970-05-11-13-48-28

続いて「Install」からMicroSDに入れておいた

  • drmrestore.zip
  • STABLE-SuperSU-v2.65-SYSTEMMODE.zip

を焼いていきます。

Screenshot_1970-05-11-13-48-47Screenshot_1970-05-11-13-48-43

再起動。

Root化の確認

TitaniumBackupも無事に使えました〜
Screenshot_20160313-144341

DRMキーが復活しているか確認

高画質モード

画質が変化するか確認

Screenshot_20160313-143533Screenshot_20160313-143607Screenshot_20160313-143610

分かりづらいですが、並んでいる右側の画像が鮮やかに変化していきました。

写真のノイズ除去

かなり暗いところでキーボードを撮影してみましたが、レッドノイズとかは発生しておりません。
DSC_0002

カメラのクイック起動も速くなってGoodです。

その他、確認したこと

Xposedはまったく問題なさそう。

XDAから最新版をダウンロードしてTWRPで焼いてみました。

ここから

  • XposedInstaller_3.0_alpha4.apk
  • xposed-v80-sdk23-arm64.zip

をダウンロードしました。

TWRPで「xposed-v80-sdk23-arm64.zip」を焼く。
Screenshot_1970-05-11-16-46-53

何事もなく終了。
Screenshot_1970-05-11-16-47-03

AndroPlusさんの「AndroPlusMod」も動いているようです。
シャッター音の設定が現れました。
Screenshot_20160313-204136

スリープから復帰後のコントラストが正常に戻った

android5.xの頃のXperia Z5 Compactは照度センサーの異常なのかコントラストがすごくおかしく、そのせいで使う気も失せていましたが、正常に戻った気がします。

Softbankのアクセスインターネットプラスには接続できる。

当たり前のことで見出しにする必要もないかも知れませんが、接続できたことを確認しました。

Screenshot_20160313-150517

雑感

触って1時間も経ってないので、感想も何もないですがようやくZ3 CompactからZ5 Compactへメイン端末を戻せそうです。

スタミナモードが搭載されておらず、android標準の「Doze」モードがどれだけバッテリー消費に貢献するか疑問ですが、意識しながら使ってみようと思います。

 

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)