Xperia Mini(ST15i)にCyanogenmod7.1をインストール。

熱暴走を開始したXperia Mini(ST15i)には実験機になってもらいましょう。


懐かしい、Cyanogenmod。

前提

  • Xperia Mini (ST15i)
    ST15aでもいけるかな?
  • bootloaderはアンロック済み。
  • boot.imgや、kernelを書き換えるので元に戻せるファイルを持っていること。
  • そして自己責任で。

手順はXDAのとおりです。

?http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=16822393&postcount=3

簡単に書くと

  1. CM7のファイルをダウンロード
  2. update-xxx.zipファイルをMciroSDカードにコピー
  3. PC上でfastbootモードからboot.imgを焼く
  4. 電源を入れた後、ボリュームダウンを5秒ほど押してリカバリモードへ。
  5. update-xxx.zipを焼く

という流れでしょうか。

1.CM7のファイルをダウンロード。

前述したスレッドの「DOWNLOAD」からファイルを落とします。
私の時のバージョンは「FXP041」でした。
落とすと7z形式で圧縮されていますので、適当なソフトで解凍します。
中に入っているファイルは

  • APPS(フォルダ)
  • boot.img
  • gapps-gb-20110613-signed.zip(Google謹製のソフト。マーケットとか)
  • update-cm-7.1.0-XperiaMini-ST15i-KANG-signed.zip(CM7本体)

でした。

gapps-gb-20110613-signed.zipとupdate-cm-7.1.0-XperiaMini-ST15i-KANG-signed.zipをMicroSDカードに保存。

2.fastbootでboot.imgを焼く

もちろん、bootloaderのアンロックが必須です。
公式でアンロックしました。
boot.imgのファイル名だとなんだか分からないので、boot-cm71.imgとリネーム。
リネームはしなくても全然構いません。便宜上。

C:?Users?me>fastboot flash boot boot-cm71.img
sending 'boot' (5220 KB)...
(bootloader) USB download speed was 2672640kB/s
OKAY [? 0.580s]
writing 'boot'...
(bootloader) Download buffer format: boot IMG
(bootloader) Flash of partition 'boot' requested
(bootloader) S1 partID 0x00000003, block 0x00000148-0x00000179
(bootloader) Erase operation complete, 0 bad blocks encountered
(bootloader) Flashing...
(bootloader) Flash operation complete
OKAY [? 1.049s]
finished. total time: 1.631s

焼き上がり。

4.リカバリモードへ突入

電源を最初に入れるとロゴが出てきます。

このあたりでボリュームダウンボタンを連打。
リカバリモードへ突入します。

ボリュームの上下でメニュー上でも上下できます。
ホームボタンが決定。
バックはタッチパネルから可能です。

これを書いていてすっかり忘れてしましました。
オリジナルのROMをバックアップ取り忘れたw
リカバリに入ったら何はともあれ、バックアップ。
「backup & restore」から必ずバックアップしてくださいね。

XDAの注意書きに、「オリジナルROMでもカスタムROMでもWipeしてよ、ブートしないよ」って書いてあるのでそのとおりに。

-wipe data/factory reset
-wipe cache partition

を実行。さらに念を押して、

-advanced

から入って、

-wipe Dalvik Cache
-wipe battery status

までやってしまいました。
全データが消えます。

その後に

- install zip from sdcard
↓
-choose zip from sdcard

から先ほどMicroSDカードに保存していた「update-cm-7.1.0-XperiaMini-ST15i-KANG-signed.zip」を選択してインストール。
続けて、「gapps-gb-20110613-signed.zip」もやってしまいます。

これで終了。
バックをタッチしてメニューのトップに戻り、

-reboot system now

を決めちゃいましょう。

5.起動。

成功すれば、

ドロイド君が待ってます。


こんな感じで。

あとはQuadrant。スコアは2019でした。

Neocoreもやったのですが、電源ボタンからできるスクリーンショットが取れずじまい。
ddmsも何故か認識出来なかったのでスクリーンショットなし。
64.5fpsでした。

残念な感じのスクリーンショット。

今のところ大きな不具合はないのですが、メニューボタンやバックボタンを押した際のバイブレーションが効きませんね。
「ただのバイブ」というアプリでバイブレーションをテストしたら動作するので、ハードウェアは生きています。
XDAで報告されている不具合として、FMラジオは修正中、GSMネットワークが壊れていると書いて有ります。
Softbankのボーダ赤SIMではデータ通信できています。
あとb-mobileを試したかったのですが、b-mobile fairの期限が切れていて試せないしorz

正直なところ、純正ROMの出来はかなり好きなので、わざわざ不安定なCM7を使うメリットがちょっと見いだせません。

追記。

バックアップを取り忘れたのですが、以下の方法で復旧させることができると思います。
一つはXDAからダウンロードできるftfファイルをFlashtoolで焼くこと。

もう一つは自分でftfファイルを作成すること。
ftfファイルはSEUSでアップデートした際引っこ抜いたファイル群から作成することが出来ました。
下記のサイトが非常にわかりやすくまとめてありました。

XperiaにおけるAndroidアプリ考察
◆もしつまずいてしまったときに・・・2.3.2への戻し方(flashtool)◆
?

無事、復旧できました。
これは便利だから今後、これを作っておこうっと。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)