Xperia Ray(ST18i)をandroid2.3.4へアップデート。

2011年販売端末にぞくぞくとandroid2.3.4のアップデートが来ていたので、ついでにアップデート。

Xperia Rayは最新の方法ではなく、bootloaderをアンロックして、system.imgをいじるという方法でrootを取っていました。

 

SUSEでandroid2.3.4へアップデートするには御存知の通り、bootloaderをリロックしなければなりません。

bootloaderのリロックができない

bootloaderをいつもの方法でrelockしようとFlashtoolでさくっとロック。
・・・のつもりで電源を入れてみると起動しない。
画面が真っ黒のまま。焦る。
しかたないのでFlashtoolで以前作ったftfファイルを焼いてみる。
画面が真っ黒のまま。焦る。

そこで調べてみると、Xperia Rayはまだbootloaderのリロックができないとのこと。
そんな事知らないよ。

WotanServer.comで復活を試みる。

WotanServer.comというサイトでROMを焼けるなんて知りませんでした。
下記のサイトで知りました。

こちらを参考に焼いてみました。
最初は香港版を焼こうと試みたのですが、途中で強制終了してしまいました。
仕方ないので、docomo版を焼いて見ることに。

なぜか焼けて起動できました。

このあともう一度、Flashtoolでもともとリカバリ用で作っておいたftfファイルを焼いたところ無事に焼くことができ、元に戻りました。

XDAのファイルで2.3.4にするか・・・。

結局、

[ROM]Generic Central Europe ST18i (Ray) 4.0.2.A.0.42 (Android 2.3.4)

これを焼いて無難に2.3.4にアップデート。
もちろん日本語も入っていますので、問題はないですが。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)