Xperia NeoをGingerBreakでROOT化、それとROMファイル。

大したネタじゃないです。
あっさりすぎて困るくらい。


明るい未来がやってきました。

詳しくはコムギドットネットさんのところを参考にしてください。

・・・・だとつまらないのでスクリーンショットでも眺めていただけたらと思います。

まずはapkファイルをダウンロード。

要ユーザ登録。

ダウンロードしてインストール。

起動してみると失敗。

「GingerBreak – ERROR
Could not extract assets!」
一瞬ビビりましたけど、コムギさんのところにちゃんと書いてありました。
自分はubuntuでやってしまいましたが、DOS窓でも、ターミナルでもadb shellを起動して

rmdir /data/local/tmp
mkdir /data/local/tmp

を実行。
無事に起動しました。
「Root device」をタップするとroot取得のプロセスが始まります。

終わったら自動で再起動します。

あとはtitanium backupをインストールしてbusyboxをインストール。
お決まりの「お困りですか」から。

再起動。

あとはroot explorerからフォントのインストールとか。
お好みのttfファイルを「DroidSansJapanese.ttf」にして、
/system/fontsディレクトリ移動したら「Mount R/W」をタップ。
フォント投げ込んで、パーミッションを変更。
再起動。

とりあえず、フリーで配布されているマルベリを。

中華フォントではなくなったので気になる漢字も解消。
最高です。

ここから先は文鎮化した時の覚書のヒントということで。

このrootkitが出る前の晩までは

  1. bootloaderのunlock
  2. systemイメージの書き換え

という作業が必要でした。
しかし、bootloaderをアンロックしてしまうとSEUSでの初期化が行えなくなるなど敷居が高かったです。
その場合はFlashtoolでROMを焼かないといけないのですが、ヨーロッパ圏ではXperia Neoが夏まで販売延期になったこともあり、情報が少ない。ROMもない。
そこで中国サイトを眺めているとROMが落ちていました。

ここにROMが落ちていました。

  • Neo全球版3.0.A.2.181固件 下?地址:http://u.115.com/file/f452ecc0e7
  • Neo国行3.0.A.2.181固件 下?地址:http://u.115.com/file/f4c1ee72f1

試しにダウンロードしてみましたが回線が細いのか、一つをダウンロードするのに4時間ほどかかりました。
URL先を開いたら「?信下?」からダウンロードできます。
ファイル名には
「全球版」=Global
「国行」=China
がそれぞれ付いていました。

あとはFlashtoolで焼くだけ、なはずです。
試していないので分かりません。

 

 

関連のありそうな記事

8件のコメント

  1. こんばんは
    いつも同じ質問で申し訳ないのですが
     ソフトバンクメールの送受信はどうですか?
    やはり気になるのは、スリープ時の送受信なんですけど

  2. こんにちはー。
    ソフトバンクメールの最新版を使っていますが問題なく送受信できていますよー。

  3. はじめまして。
    私もフォントを変更しようと思い挑戦してみましたが、Root Explorerをインストールし開こうとすると、「(com.speedsoftware.rootexplorer)が予期せず停止しました。やり直してください。」というエラーが出てしまいます。

    端末の初期化もして何度か試しましたがまったくダメです。
    なにかアドバイスのようなものでもあればお力をお借りしたいのですが・・・。

    今はとりあえず、フォント変更はフォントフォルダにある「Droidsans***.ttf」というttfファイル計8個をすべてこちらで用意した日本語フォントに「TypeFresh」で変更しています。
    それでも一応フォントの変更は出来ています。

    ですが、本当はDroidsansjapanese.ttfを追加したいので、よろしくお願いいたします。
    どうしてかわかりませんが、rootexplorerを開こうとするとエラーが出て強制終了しかできません。

  4. こんにちは。
    これと言って特別なことは何もしていないですけど・・・・。
    環境だけ書いておきますが、私と何が違うのでしょうか。
    ベースバンドバージョン 7X30A-AAABQMAZM-1290_14-10
    ビルド番号 3.0.A.2.181
    Root Explorer v2.14.2
    なにか違いますか?

  5. こんにちは。
    ご返事ありがとうございます。
    当方の環境は

    ベースバンドバージョン 7X30A-AAABQMAZM-1290_14-14
    ビルド番号 3.0.A.2.184
    Root Explorer v2.12.3
    です。

    管理人さまとは違いますね・・・・。
    一度xperia PLAYをPC Companionでアップデートをしたことがありますが、それが原因でしょうか?
    違いはそこらへんしか見当たりません。
    端末の初期化後にはなるべく弄らないようにしてRootExplorerをインストールしてみるのですが、開くと予期せず・・・のエラーになってしまいます。

    フォントを設定するときにパーミッションを設定しないとけないですが、それが出来ればいいのですが・・・。

  6. こんにちは。
    ぽふぃんです。

    先ほどダメもとで管理人さまと同じバージョンの「root explorer v2.14.2 」をダウンロードしインストールしましたら無事に開けました。
    どうもお騒がせいたしました。
    バージョンを知ることができたので解決できたと思います。
    また何かありましたら参考にさせていただきます。

    「GingerBreak」との相性かも?と考えて、bootloaderを開放するやりかたでroot化もしましたが、結局バージョンの問だったんですね?

  7. どもー。
    無事、エラー無しで起動できてよかったです!
    何が問題かよく分かりませんね。
    今狙っているのはxperia mangoなんで、このやり方が同じように出来ればいいなぁと思います。

  8. こんにちは。
    管理人さまはmangoですか(・∀・)♪

    私はPROが欲しいな?と思います。

    国内でもスマホの夏モデルでPanaからも発売があるようなので(AV融合型が気になる)それも興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください