栃木県奥鬼怒・手白澤温泉

2014-01-02

昨年末の話ですが、海外駐在から日本に戻ってきた友人に「温泉」を久しぶりに堪能してもらいたく、行ってきました。

DSC_0004

何度も行ったことのある温泉で、新しい建物、和洋折衷の食事、豊富なワイン、そして源泉かけ流しの温泉がとても良いところ。
しかし、部屋数6室しかないところですので、土日はなかなか予約が取れません。

しかもアクセスが大変。
鬼怒川温泉から女夫淵というところまでバスで2時間。
レンタカーなら1時間ちょっとで行けます。
(人数が多いなら鬼怒川温泉駅前にニッポンレンタカーがありますので、そちらを利用したほうがいいかもしれません。)
そこから歩いて2時間30分かかります。

12時20分。
女夫淵から遊歩道経由で行きました。
DSC_0012

結構雪がありました。
DSC_0016

DSC_0018

 

それでも途中の加仁湯というところはトレースはばっちりでした。
DSC_0024

 

前日まで荒れ気味だった天候もこの日は穏やかだったのでよかったです。

しかし、加仁湯から手白澤温泉の間の道はトレースが付いているものの、歩行者が少ないのでズボズボ雪にハマってしまいます。
DSC_0040

DSC_0042

DSC_0044

 

 

 

15時50分ころ、ようやく宿に到着できました。
標高は1500mくらいだそうです。
気温はマイナス5度くらいな感じ。
DSC_0046

DSC_0049

お風呂にどっぷり浸かって温かい食事をいただきます。
DSC_0052

DSC_0053

 

 

 

ワインも飲んで、この日は22時には就寝。

朝はやんちゃな「岳」がお見送り。
8時30分出発。
DSC_0056

 

帰りは遊歩道ではなく、車道をチョイス。
距離としては2倍くらい伸びて、場合によっては道が凍結しているため危険ですが、この日はうっすらと雪がついてかえって歩きやすかったです。
DSC_0067

DSC_0066

 

快調に進むことが出来、2時間で女夫淵に到着出来ました。

帰りは時間に余裕が出来たので、湯西川温泉にある道の駅「湯西川」でひとっ風呂。

その後、川治ダムカレーを食べました。
アーチ型の形状が実に美しい。
DSC_0069

もう、この記事を書いている時点で新年を迎えてしまっていますが、良い年末を過ごせました。

しかし、今シーズンは雪が多いこと。

そう言えば書き忘れたので追記ですが、この宿の地域、どのキャリアも電波は届かないところでしたが、今回訪れた見たところ、docomoの電波を拾ってました。プラスエリアの800MHzの可能性が高いですが、アンテナが十分に立っていたのには驚きました。

SIMはExciteのMVNOですが、端末はNexus5、アンテナアイコンは3GもしくはHと表示されました。
Softbankは糞の役にも立ちませんでしたけどね。
Screenshot_from_2014-01-01 19:43:37