Wi-Fi STATION HW-02Gがやってきた。

ゴールデンウィーク早々にぶっ壊しました。

DSC03658.resized

Aterm MR03LNをぶっ壊したから

MR03LNユーザなら当然知っていなければならない、

「nanoSIMにmicroSIMアダプタをかませて使うな」

という暗黙のお決まり事がありますが、うまく使えば問題ないでしょ、と考えておりました。
ところがちょっと焦ってMR03LNにnanoSIM+microSIMアダプタを差し込んだら、案の定ですよ。

sim-slot-broken

川の字のごとく、ピンが並んでいるわけですが、左2つのピンはSIMスロットのピンが引っかかった挙句、基盤から取れました。
Xperia P以来の破損です。

 

後継機Aterm MR04LNを待つか。

技適を通過しているから発売は間違いないでしょう。

それにしても対応バンドがすごい。

auはどうでもいいとして、softbankのTD-LTE(band41)まで対応していますね。

魅力的ですが、

  • softbankのSIMを入れたって、3日で1GB規制に引っかかる。テザリングでいいでしょ。
  • 初出し25,000円とかしそう。
  • MR03LNの操作性がいまいちだったから、あまり期待できない。
  • 後継機を待つのは面倒

という理由で購入検討から外れました。

Wi-Fi STATION HW-02Gをゲット。

初めて、白ロム屋から購入してみました。
購入にあたり気になったこと。

  1. ネットワーク規制に引っかかっていないか。
  2. microSIMスロットにnanoSIMは入れても問題ないか。
  3. docomo製品でMVNOのSIMが使えるのか

この3点です。

ネットワーク規制に引っかかってないか。

購入店舗によってはIMEI番号が記載されていないことがありました。
ヤフオクでも同様です。
多少高くてもIMEI番号がきちんと記載されていることを確認しました。

microSIMスロットにnanoSIMは入れても問題ないか。

SIMスロットがフリップ式?なので、SIMカードを上から乗せるだけ。
ピンが折れることはまずないと思われます。

DSC03662.resized

 

ただし、microSIMアダプタ+nanoSIMだと、SIMカードを置くのが至難の業です。
セロハンテープ固定などを考えれば大丈夫ではありますが。
DSC03663.resized

無事に装着。
DSC03666.resized

 

docomo製品でMVNOのSIMが使えるのか

情報はそれほど多くなかったですが、使用しているユーザがいたので特に心配はしませんでした。

PCなりandroidなりとHW-02Gをwifi接続した後、「http://hw-02g.home」へアクセスすれば細かい設定が出来ます。
最初は当然のごとく圏外でした。
SnapCrab_NoName_2015-5-3_15-17-52_No-00

アクセスポイントの設定を行う。
SnapCrab_NoName_2015-5-3_15-19-45_No-00

無事接続完了。
SnapCrab_NoName_2015-5-3_15-20-20_No-00

ちょこっと使ってみた感想。

MR03LNの愚痴も入ってます。

  • 完全電源OFFからの起動が速くていい。(MR03LNは遅くて嫌になった)
  • タッチパネルのレスポンスがいい。(MR03LNの反応は鈍い)
  • WPSでの設定が速くていい。(MR03LNは遅い。)
  • 2.4GH/5GHzの切り替えができるのがいい。(MR03LNも出来たけど、今現在の接続を明示してくれない)

もともとAterm製品が好きで、自宅のルーターはずっとAtermを使っていました。
価格.comなんかのランキングもMR03LNが1位ですが、正直、HW-02Gの方が断然上だと思います。
しかし、MR04LNが発売されるのであれば、また最強ポケットルーターの名を冠して欲しいですね。

 

SIMスロットが壊れたら修理をしてくれるところもあります。

携帯・スマフォのアセンブリパーツの老舗?ですね。
昔からお世話になってます。
修理記録もありますから、壊れた方は相談してみるのもありかと思います。

 

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)