[DELL XPS 13 9350]無線LANカードをIntel Dual Band Wireless AC7265に載せ替え

Linuxを使う人ならぜひ。

intel-ac7265-site

もともと装着されているDELL Wireless 1820Aという無線LANカードは、kernel4.3系のLinuxではサポートされておらず、OSのインストール中とかにインターネットにアクセスできず不便です。
また、kernel4.4にアップデートすれば使えるようになりますが、手順が面倒だし、同じチップ上に載っているbluetoothも不安定な気がしましたので、交換してみました。

購入先

Amazonで

  • Intel Dual Band Wireless-AC 7265

と検索すればいろいろ出てきます。
似たようなのがいっぱい出てきますので、間違えないようにしてください。

amazon-intel-wifi-card

いろいろタイプによって機能が違いますので、詳しいことを知りたい方はIntelのサイトへ行ってみると救われます。

intel-7260-series

日本語の詳しい解説は、日本Intelの公式サイトへ。

また分解。

こんなことならM.2 SSDを換装した時、一度にやっておけば良かったと思いました。
手順は割愛。

ただ、引き出しの中からツールが出てきたので、以前よりも開腹しやすくなりました。
repair-tool

交換するIntel Dual Band Wireless-AC 7265。
intel-ac7265

もともと装着されていた無線LANカードを取り外します。
broadcom-lan-card

もともと装着されていた「DW 1820A」という無線LANカードは「DELL Wireless」とかいう怪しいブランドですが、Ubuntuとかのフォーラムを見ていると「Broadcom BCM4230」という無線LANカードのようです。
dw-intel

あとはアンテナケーブルを取り付けるだけ。intel-ac7265-installed

Xubuntu上の情報
何もしなくても認識して使えるのがいいですね。
wifi-info

Windowsユーザーには関係ないことですが、Linuxユーザーにとってはハードウェアのドライバ問題は結構重要です。

費用はかさんでしまいましtが、快適なXubuntu環境を整えられたので、精神衛生上、非常に良かったと思いました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)