[OnePlus 3T]OnePlusの作法をお勉強

分からないことだらけ。

完全に自分専用リンク集です。
写真少なめ。
あと試していないことも多々あります。

OxygenOS 4.x以降はこれらの方法が有効でないことがあります。

情報収集

基本的には2つでしょうか。

Windows向けツール

XDAで公開されています。

これだけあれば、もう十分な気がします。
出来ることはこんなこと。

1- Backup Data Your Device [Backup app & app data]
2- Restore Data Your Device [Restore app & app data]
3- Install USB drivers On PC
4- Unlock – ReLock Bootloader
5- Check Device Status
6- Check Bootloader Status
7- Flash – Boot TWRP Recovery
8- Flash – Boot Stock Recovery
9- Push Systemless SuperSU
10- Push Debloater Script #3post
11- Push disable dm-verity – encrypt
12- Restart Menu
13- Wipe Cache Your Device
14- Force Decryption Device [WIPE]
15- Change LCD Density On Device

Ubuntuユーザの自分には、あまり関係ないツールですが・・・^_^

adb/fastbootは必須

丁寧なGUIツールなどはないので、何かとadb/fastbootコマンドが必要です。

最近、platform-toolsだけダウンロードできるようになったとのことで、Android Studioをダウンロードする必要がなくなりました。

ダウンロードしたらパスを通しておきましょう。

bootloaderのアンロック/リロック

開発者向けオプションを有効にしてから

  • OEMロック解除を有効にする
  • 高度な再起動を有効にする(必要に応じて。)
  • USBデバッグを有効にする

という下準備が必要です。

あとは、fastbootモードに入ってsu権限から

# fastboot oem unlock

を唱えれば一瞬で終わります。
このあと、本当のアンロックされるか聞かれ、YESのあとにデータが完全に初期化されます。

bootloaderをリロックする際は

# fastboot oem lock

を唱えます。
このあと、本当のロックされるか聞かれ、YESのあとにデータが完全に初期化されます。

カスタムkernelやTWRPなどを焼いている場合は、オリジナルに戻しておくことを忘れずに。

bootloaderのアンロック/リロックを繰り返して、起動時にパスワードを求められた場合、TWRPなどを起動して/data以下をwipeしてしまう。
(TWRPでもパスワードを求められたら、一旦、キャンセルしたあと、advanced wipeする。)

Recovery

リカバリーのイメージファイルは公式でも公開しているし、TWRPでもサポート対象です。

焼き方は、

# fastboot flash recovery [recovery file]

です。

root化

最新版のSuperSU.zipをTWRPから焼けばいいだけです。

dm-verityを無効化

XDAに書かれているとおり、TWRPを最初に起動した際、

TWRPなどで最初に起動した時、「システムへの修正を許可する」のスワイプ画面が出てきます。(画像はネットから拝借してきました)

これをスワイプして許可してしまうと、dm-verityが発動してしまい、ブートできなくなるそうです。(なんか違う気がする)

そこで対処法は2つ。

  1. SuperSU.zipを焼く
    SuperSUを焼く過程で、dm-verityを無効にするパッチを当てています。(多分)
  2. dm-verityと強制的暗号化をそれぞれ無効にするzipを焼く

です。

SuperSU.zip

こちらからダウンロードできます。

dm-verityと強制的暗号化をそれぞれ無効にするzip

ここからダウンロードできます。

注意

OxygenOS 4.0から?仕様が変わった様子。
これらの方法ではダメ。

別記事にて。

EFSパーティションのバックアップ

今までこんなことしたことないですが、この領域にはIMEI(端末識別番号)が含まれていて、破損するとネットワークに接続できなくなるとか。
デバイスをadb接続して、作業を進めます。

$ adb shell
shell@OnePlus3T:/ $ su
root@OnePlus3T:/ # dd if=/dev/block/sdf1 of=/sdcard/modemst1.bin bs=512
4096+0 records in
4096+0 records out
2097152 bytes transferred in 0.035 secs (59918628 bytes/sec)
root@OnePlus3T:/ # dd if=/dev/block/sdf2 of=/sdcard/modemst2.bin bs=512
4096+0 records in
4096+0 records out
2097152 bytes transferred in 0.036 secs (58254222 bytes/sec)
root@OnePlus3T:/ # ls /sdcard/modem*
/sdcard/modemst1.bin
/sdcard/modemst2.bin
root@OnePlus3T:/ # exit  /*rootを抜ける
shell@OnePlus3T:/ $ exit /*adb shellを抜ける
$ adb pull /sdcard/modemst1.bin ./
[100%] /sdcard/modemst1.bin
$ adb pull /sdcard/modemst2.bin ./
[100%] /sdcard/modemst2.bin

この「modemst1.bin」と「modemst2.bin」をsdcardから引っこ抜いて、PCにでも保存しておいてください。(忘れそう)

こちらのページが詳しいです。

Stock ROM

いわゆるオリジナルROM。
ダウンロードは公式から出来ます。

ダウンロードスピードは恐ろしく遅い。

ウィルスの有無は分かりませんが、いろんな人がいろんなところでファイルをアップしているので、そちらを利用したほうが速いかも。

 OnePlus 3T向け  android ファイル名
OxygenOS 4.0.1  7.0 OnePlus3TOxygen_28_OTA_037_all_1701041831_a2ba632ce9.zip
OxygenOS 4.0  7.0 OnePlus3TOxygen_28_OTA_035_all_1612310259_2dc0c.zip
OxygenOS 3.5.4  2016-12-19  6.0.1 OnePlus3TOxygen_28_OTA_029_all_1612131737_17e7161d2b234949.zip
OxygenOS 3.5.3  2016-11-28  6.0.1 OnePlus3TOxygen_28_OTA_027_all_1611222319_884473ff95304c30.zip

OTAファイルとFULLファイルの違いはないようです。。。
どうやって区別するんだろう。

2017/01/08現在、OxygenOS 4以降のファイルはアップされていません。

OxygenOSのインストール/アップデート方法

Stock Recovery(オリジナルのリカバリー)やTWRPから焼くか、adb sideloadでzipファイルを送り込むか、の2通りのようです。
リカバリの使い分けは次の通り。

  • root化している場合は、TWRP
  • root化していない場合はStock Recovery

Stock Recovry上のadb sideloadもroot化していると失敗します。
もしかしたら、root化が問題ではなく、bootloaderがアンロックされているか否か、が問題かもしれません。

完全に元に戻す(Stock ROMに戻す)

  1. 公式サイトからStock ROMとStock Recoveryをダウンロードする。
  2. Stock Recoveryを焼く
  3. bootloaderをリロックする。(この時、完全初期化)
  4. Stock RecoveryでStock ROMをadb sideloadで焼く

これでいけました。

OxygenOS 3.xと4.xでは仕様が変わっているようです。
TWRPのバージョン、カスタムリカバリのバージョンなど注意が必要です。

  • OxygenOS 4.xから3.xへのダウングレードはこの方法ではできませんでした。
  • bootloaderをリロックしたあと、リブートの嵐が起きました。
    →ボリュームダウン+電源ボタンを押し続けるとbootメニューが表示されたので、bootloaderにでも、Stock Recoveryにでも移行出来ました。
  • このあと、Stock ROMを焼くことができました。

“Never Settle”の意味

「決して満足せず、上を目指せ」という意味みたいです。

リンクのまとめ

雑感

  • Xperiaな環境ばかりだったここ数年で、今回のお勉強は非常に楽しかったです。
  • OnePlus 3Tが狙っている顧客層がどのあたりなのか知りませんが、adb/fastbootを”公然”と使っているのは、ちょいとマニア向けなのかと思います。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)