Xperia U向けGingerBreadベースのカスタムROM。

なかなかやって来ないICSへのアップデートにしびれを切らしたのでしょうか。

いくつかandroid2.3ベースのカスタムROMがXDAに出ていました。

また、カスタムKernelも。

カスタムROMのうち、「TheBrainsROM」の方は「KA03 Xperia SSpeed」をベースにしているようです。ただし、大元の「KA03 Xperia SSpeed」自体、開発停止になっています。
なので、No furtureなROMは面白味がないので試すのをやめます。

ということで、もうひとつのカスタムROM「XPeria SuperCharged」を試します。
冒頭のイッちゃってる感じのGifアニメがいいですよねw

特徴

特徴はこれ。

  • AROMAインストーラー
  • Build.propのカスタマイズ
  • 20秒以内に起動
  • 5秒以内にシャットダウン
  • ブートアニメーションの廃止
  • RAMにランチャーを常駐?
  • ICSライクなGPU(2Dレンダリングのこと?)
  • バッテリー表示修正
  • 電源ボタンのメニューに「再起動」を追加
  • カメラの修正
  • AdobeのFlash playerインストール済み
  • ラグがない。
  • Launcher ProとSony純正のLauncherを同梱
  • Xperia Sの壁紙
  • root取得済み
  • マニアックで尋常じゃないエンジン?
  • そのたもろもろ

だそーな。

ファイルのダウンロード

Latest Version!
LINK FOR SUPERCHARGED V2!
QUI

と書かれた「QUI」がQuick Linkのこと?からダウンロードできます。

kernelの書き換え

ROMをインストールするにはCWMが必要です。
このROMのおすすめkernelは「XPeria SuperCharged Kernel」だそーです。

「kernel.elf」がダウンロードできるので、ダウンロード。fastbootモードで書き換え。

$ fastboot flash boot kernel.elf 
sending 'boot' (10043 KB)...
(bootloader) USB download speed was 19044kB/s
OKAY [? 0.558s]
writing 'boot'...
(bootloader) Flash of partition 'boot' requested
(bootloader) S1 partID 0x00000003, block 0x0000d000-0x00014fff
(bootloader) Erase operation complete, 0 bad blocks encountered
(bootloader) Flashing...
(bootloader) Flash operation complete
OKAY [? 1.976s]
finished. total time: 2.534s

ROMの書き換え

手順はXDAのコピペ。

  1. ROMをダウンロード
  2. 内部メモリー内にROMをコピー
  3. CWMを起動
  4. WipeData Factory Resetを実行
  5. Frrom Install ZipからダウンロードしたROMを選択。
  6. インストール!

CWMから起動して、ZIPファイルを選択。

AROMAインストーラーが立ち上がった。

そしてインストール。

使ってみて

確かに起動とシャットダウンは速いけどね。。。。

Quadrantのベンチマーク「2439」

Antutu「5539」

Xperia Neo Lとか出てるし。

カスタムKernelと言っても、OCやら特別な機能はまだないご様子。

特徴であげられていたようなことほどサクサクだの、なんだのというのは実感できず。
次回に期待しつつ、CWMで純正ROMに戻します。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください