14.1.G.2.257へアップデート[Xperia Z1 C6903]

10月中旬ころからアップデートが来ていたらしいですが・・・

WS000083

今回はOTAアップデートでも、Sony Update Serviceなどを使わずにアップデート。

まず最初に試してみたことは、Flashtoolからのインストール。

アップロードされているところはこちら。

ここから適当に「C6903 14.1.G.2.257 Generic UK 1276-0875_R10A」をダウンロード。
まぁ、イギリスから輸入したしUKで。

FlashToolから焼いてみる。
WS000076

もちろん、問題なく終了。
起動も問題なし。(スクリーンショットは撮り忘れた)

しかしながら、rootが取れない。
例のvrootは失敗しましたって出る。
(スクリーンショットはv1.7.1だけど、v1.7.2でも同じだった。)
WS000081
adb restore芸を使ったroot化方法に変わったようです。

続いてKingo rootを試す。

しかし、途中でループに入ったようで抜け出すことなく、時間が過ぎていくだけ。
WS000086

うーん、困った。

xdaを読んでみて、CWMからroot化済みのsystem.zipを焼く方法で成功した例がありました。

必要なファイルはこちら。

これらを内蔵メモリとかmicroSDHCカードにでもコピーしておく。
WS000090

続いて、またFlashtoolで手元にあった「14.1.G.1.518」のFTFファイルを使い元に戻す。
WS000088

うーん、めんどい。

その勢いでvrootを使ってrootを取得後、SuperSUに変更しておく。

さらにCWMをインストールする。
使ってみたのはLockedなbootloaderでも使えるデュアルタイプのカスタムリカバリ。

Windows限定ですが、簡単にデュアル環境のリカバリを入れられます。
WS000089
rootを管理している方法によって使い方が異なるようです。

この方法でリカバリを入れて、CWMなりTWRPなりを起動させる。

そして、SDカードから先ほどダウンロードしたsystemファイルのzipとSuperSUのzipの順でインストール。

最後にfactory resetを実行。
再起動してみると・・・・ダメでした〜。
Systemが異常終了してしまいました。

素直にUpdate Serviceを使ってみました。
WS000094
800MBじゃあ、Systemごと書き換えですね。
中止しました。

xdaを読んでいると特定の地域のftfファイルを使えばOTAによるアップデートができているようですので、そちらを時間のある時に試してみたいと思います。
またKingo rootのデベロッパーも新しいファームのroot化に着手しているようです。
無理にrootを取らずとも様子を見たほうがいいかもしれません。

Nexus 5をぽちっちゃったから、そんな時間もないかな?