[Xperia X Performance F8132]root化できるようになった。

androplus様には感謝感謝です。

xp-unlock-bootloader-log

root化について

知っている方は知っているとおり、root化には

  • bootloaderをアンロック
  • カスタムkernelの導入

が必須です。

基本的な手順、必要なファイル

何はともあれ、AndroPlusさんのサイトへ飛んでください。
必要なことは書いてあります。

…..と言ってもブログネタがなくなってしまうので、ログを残しておきたいと思います。

root化までのログ

データのバックアップ

bootloaderをアンロックすると、データを初期化されますので、バックアップを取ります。
基本的にはadbコマンドを使いました。

$ adb backup '-apk -noshared -all -nosystem'

adbのバージョンが1.0.32にはバグがあるようで、adb backup以下をシングルクォートで囲みます。1.0.31にバージョンを戻せば普通に使えますが、面倒なのでこの方法でやりました。
adbコマンドの詳しい使い方は省かせてもらいます。

画面上でバックアップのアプリが起動していますので、データをバックアップする、をタッチします。

すべてのアプリケーションがバックアップできる訳ではないですが、インストールしたアプリの8割くらいはバックアップが取れるので重宝しています。
xp-adb-backup-file

OEMロック解除を有効にする

設定→開発者向けオプションに「OEMロック解除」の項目があるので有効にしておきます。
xp-oem-unlock-enable

IMEI番号の確認

SONY公式には「*#06#*」で確認するように書いてありますが、2つも出てきちゃいました。
xp-imei-code-2-patern

なので、サービスメニュー「 *#*#7378423#*#*」を入力してここからIMEI番号をメモりました。
xp-service-menu-imei

bootloaderのアンロック

あとは淡々と進むだけです。

こちらから手続きを進めていきます。
ただし、Xperia X Performanceがまだ対象機種としてリストに入っていないので、AndroPlusさんがおっしゃっている通り、Xperia Xとしてアンロックコードを入手します。

xp-x-unlock-code

あとはメールアドレスを入力後、メールが届きますので先ほど調べたIMEI番号を入力すれば、bootloaderのアンロックコードが入手できます。xp-droid-unlock-code

サイトの下の方へ行けば、コピペ用のfastbootコマンドが記載されているのでそのまま使えば良いかと。

root@XPS13:# fastboot devices
CB512A9B3V fastboot
root@XPS13:# fastboot -i 0x0fce oem unlock 0x[unlock code]
...
OKAY [ 2.803s]
finished. total time: 2.803s

わずか3秒弱。これで製品保証がなくなるんですから、はかないものです。

bootするとNexusシリーズのような警告が出ました。
xp-boot-warning

AndroPlusKernelの導入

まだ再起動しないで、そのままkernelを焼いてしまいます。

こちらからダウンロードしたzipファイル内のboot.imgを焼きます。xp-androplus-kernel-archive

これも一瞬です。fastbootモードで実行します。

root@XPS13:# fastboot flash boot boot.img 
target reported max download size of 268435456 bytes
sending 'boot' (22056 KB)...
OKAY [ 0.709s]
writing 'boot'...
OKAY [ 0.141s]
finished. total time: 0.850s

焼き終えたら、端末を再起動させ、セットアップします。
xp-setup-finish

スクリプトの実行

SuperSUをインストールするためのスクリプトを実行します。
adbコマンドを実行できるように開発者向けオプション等でデバッグ接続を有効にします。
adb接続して実行。

boolee@XPS13:~$ adb shell
shell@F8132:/ $ rootsh +p
shell@F8132:/ # ./SuperSU_files/install_SuperSU.sh 
*****************
SuperSU installer
*****************
chcon: no such tool
chcon: no such tool
chcon: no such tool
chcon: no such tool

ずっと続く....

chcon: Need 2 arguments
- Post-installation script
- Done !

再起動すれば、見慣れたSuperSUを拝めます。

DRMキーチェックの回避

最初だけ、削除しなければならないファイルがあるそうです。
adb接続して、shellに入ります。
途中、root権限を求められますので、画面上で許可します。
xp-adb-shell-root-prompt

shell@F8132:/ # boolee@XPS13:~$ adb shell
shell@F8132:/ $ su
root@F8132:/ # cd /data/credmgr/ 
root@F8132:/data/credmgr # ls
credmgr.db
root@F8132:/data/credmgr # rm credmgr.db
root@F8132:/data/credmgr # ls
root@F8132:/data/credmgr # reboot

きちんとDRMキーチェックが回避されているか確認します。
画面の設定できちんとコントラストが変わったらオッケーかな、と。
DRM-anime-mini

SuperSUのアップデート

AndroPlusさんのお言葉のとおり、SUバイナリのバージョンが古いです。
勝手にアップデートを促してくれるので、素直に従います。

TWRPがまだありませんので、「通常」を選びました。
xp-supersu-updatexp-supersu-update-normal

安定版のver2.65が無事にインストールされました。
xp-supersu-update-successxp-suptersu-stable

データの復元

先ほど取ったバックアップをもう一度、adbコマンドでリストアします。

$ adb restore backup.ab
Now unlock your device and confirm the restore operation.

 

xp-date-restore

使いやすい環境を構築

これでLMT Launcherが使えるし、不要なアプリも削除できます。

一度、使うと病みつきになるPie型ラウンチャーとポインター。
スマフォは片手派という人には必需品。
xp-pie-launcherxp-LMT-pointer

FlashfireでXposedをインストールしようとしましたが、失敗しました。
xp-flashfire-xposed

いつもつぶやきますけど、自分でkernelをビルドできるようになりたいなぁ。