[Xperia X Performance F8132][Xperia X F5122]バッテリー消費量の比較

Xperia X F5122を買ってしばらく立ちましたので、いくつかのパターンでバッテリーの持ち具合を比較してみました。

battery-drain

Softbank回線(LTE)+ウェブページ

テスト環境

  • Softbank回線(LTE)
  • 実験時間は1時間。
  • Yahoo!のトップページを10秒間隔でリロードを繰り返す。
  • 画面の照度は50%固定
  • GPS、BluetoothはON。

です。

ウェブページのリロードには

を使いました。

Xperia X Performance F8132の結果

Screenshot_20160725-225039

1時間で100%→85%
この数値から0%になるまでの予測時間。

  • 100%÷15%/h=6.67h=6時間40分。

Xperia X F5122の結果

Screenshot_20160727-224237

10秒に一度リロード。
1時間で100%→87%

この数値から0%になるまでの予測時間。

  • 100%÷13%/h=7.69=7時間41分。

LTE接続の結論

Xperia X F5122 7時間41分
Xperia X F8132 6時間40分

 

Aterm WG2600HP+AbemaTV 3時間連続再生

テスト環境

  • 画面の照度は50%固定
  • Wifi、GPS、BluetoothはON。

自宅で使用しているルーターは

です。

ただひたすら、AbemaTVを垂れ流しにするベンチマーク。
Screenshot_20160724-182619

Xperia X Performance F8132の結果

Screenshot_20160724-212656

3時間で51%消費。
1時間あたりの消費を計算。
51%÷3h=17.0%/h

ここから100%から0%になるまでの時間を予測。
100%÷17.0%=5.88=5時間52分。

Xperia X F5122の結果

Screenshot_20160724-212708

3時間で44%消費。
1時間あたりの消費を計算。
44%÷3h=14.7%/h

ここから100%から0%になるまでの時間を予測。
100%÷14.7%=6.80=6時間48分弱。

結論

Xperia X F5122 6時間48分
Xperia X F8132 5時間52分

 

Aterm WG2600HP + スリープ

基本的に寝ている間に測定。

  • wifiはスリープ時も接続
  • bluetooth、GPSはすべてON

という高負荷な状態にしています。

Xperia X Performanceの結果

日によって違うのですが、

Screenshot_20160725-062617Screenshot_20160731-164150
右のはスクリーンショット86%です。

だいたい6時間で15%前後消費。

15%÷6h=2.5%/h

Xperia X F5122の結果

Screenshot_20160726-063834

大体6時間で3%。

3%÷6H=0.5%/h

結論

Xperia X F5122 1時間あたり0.5%消費
Xperia X F8132 1時間あたり2.5%消費

これは何か、致命的なバグがあるのでは・・・。

Antutu Benchmark連続12実行

「端末の発熱は?」
というリクエストがあったので、実行してみました。

バッテリーを100%にして、そこから1時間20分、連続12回、AntutuBenchmarkを実行しました。

antutu-bench

Xperia X Performance F8132の結果

回数 バッテリー残 温度 antutuスコア パフォーマンス低下率
実行前 100% 28.2℃    
1回目 98% 34.2℃ 131580 0%
2回目 95% 38.0℃ 122838 -7%
3回目 92% 39.0℃ 115569 -12%
4回目 90% 40.0℃ 114849 -13%
5回目 87% 39.5℃ 113412 -14%
6回目 84% 40.5℃ 112009 -15%
7回目 81% 40.0℃ 111346 -15%
8回目 78% 40.5℃ 108675 -17%
9回目 75% 40.0℃ 112254 -15%
10回目 72% 39.7℃ 109938 -16%
11回目 69% 39.5℃ 113413 -14%
12回目 66% 40.0℃ 112539 -14%

Screenshot_20160804-233404Screenshot_20160804-233411Screenshot_20160804-233418

Xperia X F5122の実行結果

回数 バッテリー残 温度 antutuスコア パフォーマンス低下率
実行前 100% 27.7℃    
1回目 98% 34.0℃ 77465 0.0%
2回目 95% 36.7℃ 77862 0.5%
3回目 93% 38.2℃ 74581 -3.7%
4回目 90% 38.5℃ 74705 -3.6%
5回目 87% 39.2℃ 74428 -3.9%
6回目 84% 40.2℃ 75191 -2.9%
7回目 82% 40.5℃ 73216 -5.5%
8回目 79% 41.2℃ 72909 -5.9%
9回目 76% 40.0℃ 75425 -2.6%
10回目 73% 40.2℃ 73978 -4.5%
11回目 71% 39.5℃ 72704 -6.1%
12回目 68% 39.7℃ 72872 -5.9%

Screenshot_20160804-233341Screenshot_20160804-233347Screenshot_20160804-233356

結論

どちらも、40℃くらいで温度上昇が止まりました。
しかしながら、Xperia X Performanceの方はもともとのスペックが高い分、40℃前後を維持するために、パフォーマンスを15%前後落としています。

バッテリーの減り具合は同じ感じですね。

Antutuベンチマークを実行していると、XPeria X Performanceは非常に滑らかだったのに対し、Xperia Xは若干カクカクといった感じが見受けられました。

自分はベンチマークに興味がないし、3Dゲームもやらないので今回の結果は、まぁこんなものだろうというくらいの認識です。

比べて思うこと

率直に箇条書き

  • 思った以上の差が出ませんでした。正直、もう少しXperia X F5122の方がバッテリー持ちがいいのでは、と期待していました。
  • 本体の熱は、Xperia X Performanceの放熱構造?と温度に合わせたCPUのクロックダウン?など工夫が見られました。
  • Xperia X Performanceのスリープ時におけるWifi常時接続は、ハードのバグ?ソフトウェア?それともルーターのせい?結論が出ません。
  • SONYはこの2機種を発売して何がしたいの?