OnePlus 7は2019年上半期の隠れたベストバイ

快適過ぎです。

OnePlus 7 Pro

OnePlusファンなら当然、「OnePlus 7 Pro」を選ぶと思います。
私もその一人でした。

以下、OnePlus 7 Proを手にして、すぐに手放した人間の感想です。

  • エッジレスな画面は最高。
    →映画を見るのはコレで十分かと思うくらい。
  • Nebula Blueは本当に美しい。
  • スピーカーのサウンドが良い。
    →今までのOnePlusとは全く違いますね。
  • サクサク感が尋常ではない。
  • ラウンドエッジは評価が分かれますが、最悪です。
    →PDA工房の非光沢シートを買いましたが、貼る意味がないほどカバーできません。
    →Kindleを読もうとしても、ラウンドエッジ部分が気になって読めない。
  • 何故かGPSの掴みが悪い、というか掴まなかった(個体差あります)
  • 重い。(手首が痛い)
  • バッテリーの減りは、良くも悪くも、という感じ。

 

結局、非光沢シートを貼れず、間抜けな自分の顔を見るのが嫌になり、
購入から一ヶ月後、OnePlus7 Proは手放しました。

で、OnePlus 7 に乗り換えた。

一度、OnePlus 7 Proの爆速感を味わってしまうと、もうSnapdragon845なPixel 3 XLには戻れません。

購入先は「野木亜堂本店」

初めて使ってみました。
価格的なメリットは、他の大陸系のクーポンコード発行してくれるショップに比べるとないですね。
金額ならGearBestやGeekbuykingなどを使った方がいいと思います。

メリット

  • サイトに掲示された価格以外に送料しかかからない。
    →ゆうパックで500円程度です。
    →輸入時の消費税を払う必要がないので、全体的な価格で言えば、悪い価格設定ではないと思います。
  • 対応が全て日本語が通じるので、何かあった時に困らない。
  • ゆうパック指定で局留め指定出来るが良い。
  • 修理保証が1年間無料。

仕事が忙しく、とりあえず週末に郵便局で受け取れればいいかな、と言った程度でしたので配送スピードは気にしませんでした。

到着まで

6/19(木) 17:00 ネット上で注文する。
配送方法は、ゆうパックの局留め指定。

決済に失敗し、すぐに対応のメールを送る。

6/19(木) 19:00

担当者からメールが来る。わずか2時間で返信とは素晴らしい。

ゆうパックの局留め指定の場合だと、一旦、野木亜堂の倉庫?に集められてから国内発送されるとの連絡あり。

通常は、FedexかFedexから引き継いだゆうパックとのこと。

すぐに支払いを済ませる。

6/20(水)11:00 決済確認メールが来る。発送は香港からになるみたい。
6/22(土)22:40 国内発送完了のメールが届く。
場所は東京都小岩郵便局からの発送。
6/23(日) 指定した郵便局で受け取り。

 

土曜日も作業を続けていただいたので、こちらの意図通り週末に受け取れるというベストなタイミング。

 

影に隠れたベストマシンだと思う

総合的なレビューは、AndroPlusさんのサイトが秀逸です。

バッテリーの持ち具合はOnePlus史上最高

先日、GSMArenaにレビューが載りました。

バッテリーテスト結果のOnePlusだけ抽出してみました。

機種 耐久テスト
時間
通話時間 ウェブ閲覧
時間
ビデオ再生
OnePlus 7 102h 25:00h 13:45h 19:54h
OnePlus 6T 90h 29:08h 12:04h 15:40h
OnePlus 7 Pro 90MHz 85h 34:24h 10:10h 14:33h
OnePlus 7 Pro 60MHz 92h 34:24h 11:45h 16:17h
OnePlus 3T 83h 30:55h 8:43h 13:23h
OnePlus 5 83h 19:27h 10:54h 18:42h
OnePlus 5T 82h 22:28h 10:09h 16:49h
OnePlus 6 76h 27:42h 9:19h 14:27h
OnePlus One 66h 19:56h 9:46h 11:23h
OnePlus 3 66h 32:48h 8:03h 13:15h
OnePlus 2 61h 30:29h 8:05h 8:28h
OnePlus X 54h 15:57h 6:32h 6:55h

 

個体差はもちろんありますが、ぶっちぎってますね。素晴らしい!

全テスト一覧はこちら。

OnePlus 7 Proのバッテリーの持ちの悪さの原因としては、
「リフレッシュレート90MHz」と「解像度」にあるかと思いますが、
これらを「60MHz」「Full HD」にしてみても、体感的には大きく変わりませんでした。

OnePlus 6Tのアクセサリーが使える

こちらはどうでもいいようで、結構重要なことかもしれません。
液晶保護シートについては、PDA工房さんのOnePlus 6Tのものがそのまま使用できました。

ケースも使えるとのことですが、一部、加工が必要とのTwitterを見かけました。

通知LEDがなくても大丈夫

これはOnePlus7 無印だけの話ではないですが、通知LEDの代替手段が素晴らしいです。

シンプルな感じで通知してくれます。
Androidのアンビエント表示はたしかに良いのですが、バッテリーの減りを考えるとこちらの方が断然良いです。

OnePlus 7 ProとOneplu 7無印のスペックの違い

SOCはSnapdragon855を採用していてほとんど同じようですが、GSMArenaを見ていると微妙に違う部分があります。
基本的には、7 Proの方が上ですね。

機能 OnePlus 7 Pro OnePlus 7 無印
LTEバンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 29(700), 32(1500), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100) – Global LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 29(700), 32(1500), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
速度 HSPA 42.2/5.76 Mbps, LTE-A (5CA) Cat18 1200/150 Mbps HSPA 42.2/5.76 Mbps, LTE-A (5CA) Cat16 1024/150 Mbps
ディスプレイ Fluid AMOLED capacitive touchscreen, 16M colors Optic AMOLED capacitive touchscreen, 16M colors
ディスプレイ Corning Gorilla Glass 5 Corning Gorilla Glass 6
カメラ 48 MP, f/1.6, (wide), 1/2″, 0.8µm, PDAF/Laser AF, OIS 48 MP, f/1.7, (wide), 1/2″, 0.8µm, PDAF, OIS
バッテリー Non-removable Li-Po 4000 mAh battery Non-removable Li-Po 3700 mAh battery

 

ラウンドエッジのせいなのか、ディスプレイだけはOnePlus 7の方が最新のゴリラガラス6を使用しています。

OnePlus 7でもカスタムROM環境は問題なし

開発者の皆様がOneplus7 Proに流れてしまい、Oneplus 7 無印は閑散としているかと思いきや、そうでもないですね。

 

最低限、TWRPがあれば全て事足ります。

VoLTE化も可能

ちょっとハードルは高いかもしれませんが、Softbank、docomo回線でVoLTE化は問題ありませんでした。

VoLTE化はこちらの記事を参考にさせていただきました。

root化は簡単

最近はroot化する人も少なくなってきているようなきがします。
bootloaderをアンロックすれば、簡単です。

呪文は「fastboot oem unlock」のみです。

あとは、TWRPからMagiskをインストールするだけ。

雑感

もちろん、Oneplu 7 Proを使い続けたかったですが、
非光沢シートが貼れないという個人的には致命的な事情で、
OnePlus 7 無印へ乗り換えました。

スペックとしては、Pixel 3 XLを忘れ去るほど快適なものです。

6件のコメント

  1. 久しぶりに覗いたら再び更新されててびっくりしました(笑)
    質問させてください。7proのスピーカーが良いと書かれていますが、7はどうでしょうか?

  2. こんにちは。
    朽ち果てたブログにアクセスいただきありがとうございます。
    ひっそりと生きていますよ(笑)

    7がステレオスピーカーになっただけ、素晴らしいと思います。
    音質は可もなく不可もなくってところです。

  3. お返事ありがとうございます。
    うーん、なるほど。最近スマホの妥協ラインがみつからなくて困ります。7の赤かっこいいから気になるんですけどね…

  4. ページ中ほどにあるリフレッシュレートの単位ですが[MHz]じゃなくて[Hz]ですよ。

  5. はじめまして。
    OnePlus7無印を使っています。
    ただ気になるのは、ネットの閲覧だけで本体が熱くなると思いますが…いかがでしょうか?

  6. こんにちはー。
    ブラウザを動かしている時間にも左右されると思いますが、
    熱さを感じるのはゲームをしているときだけですね。
    何かアプリが原因でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください