[Motorola edge 20]SIMトレイだけを購入。

SIMトレイにヒビが入ってしまったので買ってみました。

SIMトレイにヒビ

Google Pixel 6 の重さに疲れ、Motorola edge 20に戻り快適に使用しているのですが、1つ気になっていることがありました。

それは、SIMトレイにヒビがいつの間にか、付いていたのです。

こちらは正常な、SIM1側

ヒビが入って曲がっているSIM2側

SIMカードを挿して使用することはできるのですが、SIMスロットに挿入するときにポロッと落ちてしまう状態でした。

オンラインショップのFAQに気になる記述

海外のパーツショップを徘徊する毎日でしたが、ふと検索に引っかかり見てみると・・・

なにっ

買いたければ、サポートセンターに連絡、とありました。

SIMカードのトレイは、販売をしておりません
motorolaサポートセンターへ、お問い合わせをお願い致します。

SIMカードの破損、紛失などによって、トレイの交換、補充の必要が
発生している場合のみ、サポートセンターにご連絡頂き、相談頂ければと思います。

その際、部品代、発送費用などが発生する場合が御座いますので、ご了承ください。

<motorolaサポートセンターお問い合わせ窓口>
http://motorola-global-portal-jp.custhelp.com/app/home

サポートセンターに連絡してみる。

とりあえず、検索してみる。

検索結果から、右の方にある「カスタマーサービス」をクリック

問い合わせ方法がいろいろと出てくるので、今回は「メール」を選択しました。

必要事項を記入します。

IMEIを入力すると、ドイツから輸入したMotorolaであることがわかるのでしょうか。
いずれにしても、Motorola製品であることを確認する程度なのかもしれません。

入力後、送信をすると以後のやり取りはメールになります。

必要事項を入力して返信すると、またメールが来ました。

翌日、お見積りメール

PDFが添付されていました。

価格は時期によってブレるようなのですが、2,000円もしない程度で純正品が手に入るのは良かったです。

あとは、発注承諾のリンクをクリックして終わりです。

ここまでで、1日です。
素早い対応はさすが、Lenovoだと思います。

SIMトレイの発送と支払い

土日を挟んで承認から翌営業日には発送連絡。

そして更にその翌日、無事受け取り完了です。

太田市西矢島町32を調べると、Lenovoのリペアセンターでしたので、
Lenovo傘下のMotorolaも同様の素早い対応をしてくれたんだと思います。

左がヒビの入ったSIMトレイ、右が今回届いたSIMトレイです。

海外でもSIMトレイが売っていたりしますが、
きちんとメーカーから購入することができるのは、とてもいいことですね。

Lenovo自体がThinkPad製品について、一部パーツはユーザーによる交換を認めていたりするので、そのあたりの海外チックな文化がMotorolaにも感じられました。