Sony DSC-WX50の修理完了。

脱落したボタンの修理に出していたデジカメが戻って来ました。

修理から戻ってきたのが早かったですねー。
17日に修理を依頼してから手元に戻ったのが23日ですから、1週間です。

そして、中に添えられていたメッセージが素晴らしい。

「ボタンが離脱した」とのことですが、修理部門で拝見しましたところ、外圧による破損という判断です。通常こういったケースでは保証適用外となりまして、有償修理のご案内となるのですが、今回に限り、無償にて対応させていただきます。
今後のご使用においては、十分ご注意いただければと思います。

有償修理も仕方ないと思っていたところでしたので、関係各位には感謝します。
こういう表には出づらいところで企業のサポート力が現れてくるのだろうと思います。

外装は凹んだままですので、再生品ではありませんね。
もちろん、このままで結構。

ボタンが直ったー。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください