補修用スライダーASSYで快適スライド。

またNOKIAネタです。

購入した時点ですでにスライダーがカタカタと音がしたので、なんとか修理したいと思っていたら、無問題MOUMANTAIというショップで購入できたので、修理記録です。

N95-30.jpg

 パーツ自体は、無問題で1月2日の15時頃にウェブショップで発注しました。支払いは便利で安心なPayPalで。
 そして1月4日に発送、1月6日に成田空港着、1月7日に成田から発送、8日には受け取ることができました。

 そして、恒例のLife is beatiful!さんの投稿を参考にして作業開始です。

開腹作業の前に

 開腹作業の前に難関となっていたのが、星形ネジのねじ山をなめてしまって、それをどうしようかと思案していました。
 結局、
強引に破壊。
ミニルーター(PROXXON No.28600-S)で強引に、破壊。ねじ山の周りに堀を作りました。

気を取り直して開腹作業

開腹作業の途中までは前の投稿をご覧ください。
1)ディーププラムのカバーをへらで取る
2)T-6のネジを4カ所外す

ここまですると
三枚おろし
この状態になりますので、スライダーと本体をつなぐ黒いケーブルを外します。
外すには、マイナスドライバーで本体側のコネクタをゆっくりと外します。

次に、スライダーの裏にある4カ所のネジをT-5ドライバーで取ってください。(写真を取り忘れた)
フェイスパッドはスライダーとの間にマイナスドライバを入れ、ゆっくりと慎重に外してください。
片方が取れれば、もう片方のツメは取れると思います。
フェイスパッドを取ります。
フェイスパッドを取る。

なめてしまったねじ山。
ねじ山。

液晶とキーパッドの下の部分を取る。

キーパッドは完全には取れませんが、赤丸のところにマイナスドライバーを突っ込んで、てこの原理を利用してゆっくりと白いキーパッドの下の部分を取ります。
キーパッドの下を取る。

キーパッドの下の部分が取れると、今度は液晶のコネクタ部分が見えます。
液晶のコネクタ
赤四角枠で囲った、銀色の部分を起こしてやると、それに連動するようにしてケーブルを固定している黒い部分が矢印の方向に自然と動きますので、これでケーブルは外れます。

そして最後にスライダー部分から基盤を取り外します。
スライダーはのばしきった状態にしないと、本体とつながる黒いケーブルが切れるおそれがあるそうなので気をつけてください。

赤丸印4カ所に両面テープで緑色の基盤が固定されています。マイナスドライバーでその辺りをゆっくりとはがしてください。仕事の悪さが、基盤が曲がってしまうと言う状態を招いています。緑色の基盤を外す

これで基盤が取れますので、あとは今の手順の逆を追って、基盤の貼り付け、 フェイスカバーの取り付け、T?5ネジの取り付け、本体とスライダーのケーブルを付ける。

最後に動作確認。
動作確認
ばっちりです。
ガタつかないスライダーは快適です。
なんか、この端末、掴まされたようなきがします・・・。
N96が出たら買い替えようっと。

おまけ

N95-47.jpg
ぶっ壊した元のスライダー。
ネジは一本ない状態ですが、今のところ問題なしです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください