N82 キーパッド交換

購入前から問題となっていたことがあり、そのせいで購入を躊躇していたものがあります。

一つは、キーパッドの問題
これはキーを押す度に「ペキペキ」というプラスチックがしなるような音がなるというもの。
修理に出しても直らないという重症なもの。直すには英文キーパッド(日本語以外のキーパッド)に交換する必要があるということです。

もう一つは、Yahoo!ケータイなどのSoftbankのサービスが受けられないというものです。
最近ではGoogleが便利で特に必要としていないのですが、利用している銀行や証券会社などではやはりPCサイトよりも携帯サイトの方が軽くて使いやすい。
これを解消するにはブラウザでその機種を判別するためのUserAgentを書き換える必要があり、それが可能かどうか情報を収集した結果、可能だと判断しました。

今回は、キーパッドの交換結果です。

 P1070663.jpg

準備するものと言えば、

  • NOKIA純正英文キーパッド
    海外からの並行輸入品でOKです。
  • ケースオープナー?携帯を開腹するのに重宝するツール
  • なぜだか分からないけどいつも流出するNOKIA Service Manual。

これくらいを準備すればたいていOK.。

n82_service_manyual.jpg

マニュアル通りに電池を外して、作業に取りかかります。

P1070665.jpg
画面左側面のわずかな隙間にケースオープナーを突っ込んで、上部へスライド。
すると少し溝が広がるので、ケースオープナーをテコの原理を利用して、画面部分を上に持ち上げます。

P1070666.jpg
それを上部と右側面同じように繰り返すと、液晶カバー?が持ち上がります。
コツが分からなくてケースオープナーがちょっと欠けてしまいました。

今回はキーパッドですので、キーパッドの方も同じようにやるのですが、液晶カバーを開ける必要は全くありませんでした。
やらなきゃ良かった。

P1070668.jpg
左が英文キーパッド、右が日本語キーパッド。
両面テープがついているのが日本語キーパッドなのですが、これの接着力が弱く、くっついたりはがれたりを繰り返すため、ぺきぺきという音を鳴らすようです。
英文キーパッドの方は、両面テープは付いておらず、むしろ浮くような感じですのでペキペキという音は鳴りません。

P1070669.jpg
開けてみたところ。
ドライバーとかが要らないから、開けやすいと言えば開けやすいけど、コツが分からないときれいな表面に傷をつけてしまいそう。

P1070670.jpg
無事に換装。
すっきりとしていい。

P1070675.jpg
日本語キーパッドは数字の位置が英文とは違う。
ごちゃごちゃしているので、英文の方がいいや。

実際の開け方は、マニュアルを見るより、流出している動画を見た方が手っ取り早いかも。



怪しいチャイナが左上に表示されているけど気にしない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください