Ubuntu 12.04 LTS (Precise Pangolin) を新規インストール

4月26日にリリースされたので早速インストール。


かわいくないなー。

Ubuntuがリリースされるたびに、コードネームも一緒にくっついてきますが、今回のコードネームは

Precise Pangolin

とのことで意味はと言えば、「プリサイス・パンゴリン: 精密なセンザンコウ」だとのこと。よく分かりません。

ここ数年のリリースでは新規インストールすることに決めています。
今回は手を抜いて一度アップグレードインストールしてみましたが、なんか過去のものがくっついてくるのが嫌で、改めてインストールしてみました。

インストールそのものはとても簡単です。デュアルブートとかしなければの話ですが。

インストール直後から相変わらず使いづらい「Unity」というGUIがお目見えです。

これを好んで使う人がいること自体が信じられません。
ブラウザで試すことのできる使いづらいデモはこちら。

これの公開はやめたほうがいいと思います。

しばらく頑張って使ってみましたが、直感的なUIのようでまったく直感的でないし、目的のアプリケーションを起動させるまでに1ステップ多いような気がする。
アプリケーションの表示順序に規則性があるようでないとしか思えないので、探さなければならない。

すぐに

&sudo apt-get install gnome-session-fallback

を実行してGnome Classicを導入。
精神的に良くなった。

最近、Linux Mintユーザが増えていると記事があったけど、わかる気がする。


The purpose of Linux Mint is to produce a modern, elegant and comfortable operating system.

現代的で、エレガントで、快適なOSを開発提供することがLinux Mintの目的だそーな。

詳しくはWikipediaへどうぞ。

インストール直後の設定とかは

Ubuntu 11.10 Oneiric Ocelot のインストールとインストール直後のシステム設定 Ubuntuアプリのいいところ:

ここが参考になりました。