Ubuntu 13.04へアップデート[Ubuntu]

ようやくUbuntuのアップデートをしてみました。

1366943177
コードネーム「Raring Ringtail」は「荒ぶるアライグマ」だそうです。

Ubuntuは言わずもがな?言ったほうがいいか、LinuxのOSです。
Linuxを好き好んでインストールする人は、技術者とかOSオタク、Windows嫌いとかそんな理由でしょうか。
そんな自分はWindowsが嫌いっていう理由からですけど。
(WindowsVistaで嫌いになった)

Ubuntuのアップデート

Ubuntuというのは半年に一回、メジャーアップグレードを行います。
バージョンの表記は、例えば今回の「13.04」だったら「2013年の04月版」ということを意味します。

そして無理にアップグレードをしなくても、18ヶ月はちゃんとアップデートをしてくれます。
またLTS版(Long Term Support)だと、5年間、セキュリティからみアップデートをしてくれます

Windowsアップデートのようにダラダラとしたアップデートではなくて、サクサクっとバックグラウンドでやってくれます。

今は12.10をアップデートをすることなく使っていました。
Screenshot_from_2013-06-08 10:50:55

けれどアップデートをするたびに、13.04へアップグレードしてよってコメントが出るようになり、無視をすること2ヶ月。
Screenshot_from_2013-06-08 10:55:35

そろそろインストールしてもいいかな、と思い立ちました。
OSの新規インストールもすごく簡単ですが、面倒なのでアップグレードをするだけにしました。別に特別な作業はなく、指示に従うだけ。
Screenshot_from_2013-06-08 10:55:55
アップグレードボタンを押せば、あとはほぼ自動的。

Screenshot_from_2013-06-08 10:56:06

最後に再起動して終わり。
Screenshot_from_2013-06-08 11:29:38

13.04になりました。
Screenshot_from_2013-06-08 18:05:24

アップグレード前にはちゃんとリリースノートを読め、という言葉をすっかり忘れていました。

いまさらですが読んでみたところ、サポート期間が18ヶ月から9ヶ月に変更になるみたいですね。別に気にしていませんが。

アップグレードしてみましたが、今のところ大きな変化や使えないアプリケーションがあるなどを感じることはありません。

LinuxはWindowsに比べたら、不具合が起きた時の対処法とか面倒なことはたくさんあります。
それを調べながら対処するのがまた楽しいんですけどね。

ところで、荒ぶるアライグマってどんなかんじなんでしょうかね。