VAIO Pro 11がやってきた。

やってきてしまいました。

pro11_logo

 

軽さは正義

やはり、持ち運びを考えると「軽さは正義」の言葉が正しいですね。

自分が欲しいと思っているPCのスペックは

  • ディスプレイは10インチ前後
  • キーボード付き
  • 重さ1kg以下

これを満たしてくれるPCを探し求めていました。
Lenovoの8インチWindowsタブレット「Miix 2」の反省を活かすことなく、
血迷ってThinkPad 8を購入してしまいましたが、Windowsでタッチパネル操作をすることが不便で仕方なく、1週間以内にドナドナしました。

やっぱり男は黙ってクラムシェルPCでしょう。

ということで、ビックカメラへ向かい一目惚れのようにして購入してしまったのでした。
VAIOブランドはVAIO Type P以来です。
SnapCrab_NoName_2015-1-17_9-41-37_No-00

スペック

情報が少なく詳しいことは全く分かりませんが、
VAIOはどうも分解しづらそうだったので始めから希望のスペックを選びました。

  • CPU:Core i5-4210U(1.70GHz)
  • 8GBメモリー
  • 256GB SSD
  • ノングレア液晶(非タッチパネル)

購入から到着まで

昨年末に購入、到着予定は「1月14日」と表示されていました。
購入後、すぐにステータスが「出荷手配中」と変わりました。
結局、出荷されたのは1月13日で、出荷しましたよメールも届きました。
Lenovoの直販なんかより、よほど正確でした。
(発送までのプロセスをもう少し細かく表示してくれてもいいかな、とも思いましたが。)

実際に触ってみて、の感想を。

比較対象はThinkPad X240sです。

  • フルHD液晶(1920×1080)はいい
    11インチでフルHDは無駄かなと思いましたが、ドットが細かい分、フォントにアンチエイリアスが効いて読みやすいと感じました。
  • 重さ、770gはやはり正義
    X240sが1.2kg弱でしたがそこから400gほど軽いとビビります。
  • タッチパネルはやはり不要
    クラムシェルでいちいち画面に触るなんて腕が疲れる。
    ショートカットキーでなんとかなるし。
  • キーボードは可もなく不可もなく。
    必要十分を満たしているのではないかと思います。
  • タッチパッドの反応がいまいち。
    ネットのレビューを読んだりすると、タッチパッドの感度がイマイチ、というご意見が多かったです。
    いろいろ設定を変えましたが、やはりイマイチですね。
  • 無駄を削ぎ落した感じが非常に良いです。
    プリインストールアプリケーションはマニュアルと「VAIO設定」のみ。
    ハードウェアも有線LAN、RGB接続もなし!(確かにこの2つは使ったことがない)

pro11_front

 

pro11_top

pro11_keyboard

こういうのには弱いんだよなぁー
azumino_finish

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)