Xperia Active (ST17a)がやってきた。

長旅からようやく手元に来ました。

最初の注文

最初はL2D2Onlineというサイトから購入するべく注文して見ました。

某巨大掲示板でも購入実績があったので、知らないオンラインショップでしたがとりあえずGoogleCheckoutで購入。

2日もすると突如、

bolee 様
ご注文は L2D2 Enterprises Inc によりキャンセルされました。 ?請求されていません。
理由: その他 (下にご記入ください)
L2D2 Enterprises Inc からのコメント: 「Unknown Reason. No Comment」

おいっ、L2D2のこのコメントは何なんだよ・・・。
「理由が分からないし、コメントなし」

ところが某巨大掲示板を見ていると

501 :SIM無しさん :2011/11/23(水) 12:54:21.66 (p)ID:M1Ryfx90(3)
L2D2から荷物が届いた。
 ST17iじゃんか。 orz... 

 ST17aのスペック明記しているからオーダーしたのにと理由書いて
 返品か交換してくれとメールしてみた。 

 返事待ち。最初に言い出した奴が書いてないところを見るとみんなST17iっぽいね。
520 :SIM無しさん :2011/11/24(木) 07:18:22.15 (p)ID:Gic7d/me(3)
501です。交渉成功。返品してお金返してもらえることになった。ST17aは扱っていないそうです。
522 :SIM無しさん :sage :2011/11/24(木) 10:38:36.11 ID:S1/LPNm+
>>520
 なんと、L2D2でST17aと思ってactive買った人は全滅か 

 在庫復活したら注文入れようと思ってたから助かりました

結果として、ラッキーだったのかもしれません。。。。

日本へ送ってくれる他のショップを探す

ひたすらGoogle.comのショッピング検索をかけるものの、backorder(発注)ばかり。
AmazonUSAに在庫があるショップも見つかりましたが、日本に送ってはもらえません。

そこで転送サービスを初めて使ってみることに。

転送サービスというのは、アメリカ国内の住所にしか発送してくれないショップに対して、商品の受け取りとアメリカから日本への発送をしてくれるサービスのことです。
調べてみると転送サービスはいろいろあって、どれがいいのか悪いのかはっきり言ってよくわかりません。
ここのサイトを参考にさせて頂きました。

その中でも今回は、

日本通運

http://www.nittsu.com/tensoepelican/service.aspx

を利用しました。
初めてのことですので、大手の運送業者がこのようなサービスを行なってくれるのは大変ありがたいことです。

Amazon.comへの注文から受け取りまで。

購入したのはAmazon.comのここのページ。
Wiress Expertsというところが出店してます。

注文から受け取りまでは、いやー、実に長かったです。
Thanksgiving Dayを挟んだせいもありますが、長かったです。

まずはFedexのトラッキング。
発送方法は2営業日で届くというものを選択。
発注の翌日には発送してもらえましたが、集荷が完了したのはその翌日。

貨物の輸送履歴はすべて現地の現地時間で表示されます。
日時(現地時間) スキャン情報 場所 配送状況
Nov 28, 2011 8:56 AM 配達完了 PORTLAND, OR
Nov 28, 2011 8:12 AM FedEx車両搭載 PORTLAND, OR
Nov 25, 2011 10:26 AM FedEx 営業所 PORTLAND, OR
Nov 25, 2011 10:05 AM 配達に関する情報 PORTLAND, OR ※休業日 ? 配達未完了
 Nov 25, 2011 7:19 AM FedEx 営業所 PORTLAND, OR
Nov 23, 2011 9:35 PM FedEx営業所 PORTLAND, OR
Nov 23, 2011 6:04 PM 仕向国仕分け場所 PORTLAND, OR
Nov 23, 2011 3:58 PM FedEx経由地を出発 MEMPHIS, TN
Nov 23, 2011 9:08 AM FedEx経由地に到着 MEMPHIS, TN
Nov 23, 2011 12:12 AM FedEx営業所 FORT LAUDERDALE, FL
Nov 22, 2011 9:31 PM 出荷地のFedEx営業所を出発 MIAMI, FL
Nov 22, 2011 5:01 PM 集荷完了 MIAMI, FL
Nov 21, 2011 10:54 PM 貨物情報はFedExに送信されました。

※11月25日にポーランドにある日通に配送されるも、Thanksgiving Dayのせいで受け取ってもらえず、月曜にまで持ち越し。
アメリカ人と日本人の違いを感じますね。

そして、日通のトラッキング。
Fedexから引き継がれるとメールが送られてきます。

出発地・到着地: Portland ==> Narita
 成田空港到着予定日: 12/02/2011
 お届け情報検索: http://www3.nittsu.co.jp/cgi-bin/epelican?lang=jp&sel=do&ref=
輸入許可後の国内配送の詳細については、
こちらのサイトにてご確認お願い致します。
お荷物を上記の番号にて日本通運のeペリカン(@HOMEEXPRESS) にて発送いたしました。 4?5日間でお届け出来る予定です。
お届けに際しまして代金引換となっております。
 お荷物お届時にドライバーが転送料金を回収させていただきます。
 お届け前に最寄の日通配達店より確認のお電話を差し上げます。
転送お荷物は重さ 0.68kg 容積重量 2.46kg (15x12x5 ? インチ)
 転送料金----------->US$ 40.00 ?(2.46 kg)
 燃料サーチャージ--->US$ 3.30
 追加料金----------->US$ 15.00
 合計--------------->US$ 58.30
転送料金はus$ 58.30 為替レート 78.75で ¥4591となっています。
(関税・消費税が発生した場合は同時にお支払い下さい。
 明細はお荷物に貼付されたラベルに記載してあります。
 *領収書には品物代金と記載してありますが、転送料金の意味となりますのでご了承ください。)
このメールは自動送信しておりますので、返信はお受け出来ません。

日通のトラッキングは分かりづらいです。
そもそもトラッキング結果を見るサイトが4つもあることがおかしい。
最初は、日通USAのトラッキング。

配達完了 2011-12-5 6:17PM 配達が完了いたしました。
配達準備 2011-12-4 1:34PM 配達の準備が整いました。
通関完了 2011-12-4 10:54AM お荷物の通関処理が完了しました。
成田到着 2011-12-2 3:14PM お荷物が成田空港に到着しました。
米国出発 2011-12-1 11:14AM お荷物が米国の空港を出発しました。
搭載予定 2011-11-29 8:00PM お荷物が航空機に搭載予定です。
書類作成完了 2011-11-29 6:45PM 輸出書類の作成ができました。
商品受取 2011-11-29 6:05PM お荷物が日通倉庫に届き、確認ができました。
依頼受信 2011-11-20 4:00AM お客様からの転送依頼を受信しました。

次のトラッキングサイト。

NARITA (NRT) 12/05? 18:17
配達完了しました

NARITA (NRT)12/04? 10:54
通関許可済
NIPPON EXPRESS CO.,LTD.

NARITA (NRT)12/03? 13:09
上屋搬入済
NIPPON EXPRESS NARITA APT.

NARITA (NRT)12/02? 15:14
着空港に貨物到着

EXCEPTION
FLIGHT DELAY (DEP)
SCD JL9382/29 (ETA)11/30 05:00 --> DEP JL0017/01 (ETA)12/02 15:06
TIME LAG > 58:06

VANCOUVER,BC (YVR)12/01? 11:14
フライト搭載済(1ST)
+---> NRT 2011/12/02 15:06
BY TRAXON

VANCOUVER,BC (YVR)12/01? 11:14
フライト搭載済(2ND)
+---> NRT 2011/12/02 15:14

PORTLAND,OR (PDX)11/29? 20:00
フライト搭載済(1ST)
+---> YVR 2011/11/30 05:00

PORTLAND,OR (PDX)11/29? 17:07
B/L発行済

PORTLAND,OR (PDX)11/29? 17:07
貨物受領済

もうひとつのトラッキングサイト。

そして、日本国内に入ってきたあとのトラッキングサイト。

一つに統一すればいいのに。
もったいない。

兎にも角にも受け取り。
始めに来たメールに4591円と書いてあったので、用意して待っていると、5291円ですとのこと。
消費税が700円分上乗せされてます。

でかいダンボールだなぁと思って開けてみると、

過剰包装w
発送用のダンボールなんでしょう。仕方ありません。

心配だった北米版かどうか。

無事、「ST17a」と表記があるのを確認しました。

あとはさくっとroot化。

簡単になりました。

FMラジオ、MMS、フォントの入れ替えを済ませます。
あとはTitanium BackupでXperia Miniから環境を移して終わり。
とりあえず、しばらく使ってみます。

関連のありそうな記事

4件のコメント

  1. やはりというか、日本の適技マークはないんですよねー?

  2. お聞きしたいのですが、simは普通のですか?miniタイプですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください