正月連休の後、物静かな赤岳。

正月連休も終わった1月9日。
山に登ると言うよりも、赤岳展望荘で一夜を過ごしたく、単独で行ってきました。

[gmaps:35.970295983337714/138.37039947509766/10/400/400]赤岳[/gmaps]

ルートなどはもう何度も行っているし、ありきたりのコースなので細かい文章は書きません。

美濃戸
美濃戸の駐車場
には車が2台のみ。

 

南沢
南沢。
大同心
大同心

行者小屋から赤岳
行者小屋から赤岳

 

文三郎尾根から振り返る
文三郎尾根から振り返る

 

中岳との分岐
中岳との分岐
頂上。
頂上
横岳への尾根
横岳への尾根
赤岳展望荘談話室
赤岳展望荘談話室。
宿泊客は自分一人。
スタッフ3人。

日の暮れる横岳
横岳

 

阿弥陀岳
阿弥陀岳
コタツでぬくぬく
コタツでぬくぬく

翌朝。
翌朝。ガスり気味。

 

地蔵尾根。
地蔵尾根も雪深い
阿弥陀岳は晴れない
阿弥陀岳は晴れない
行者小屋に戻る
行者小屋に戻る。
下山
下山。
美濃戸近くのネコ。
美濃戸近くのネコ。

 

タイム

1月9日
美濃戸(10:55)-行者小屋(13:00)-赤岳頂上(14:40)-赤岳展望荘(15:15)

1月10日
赤岳展望荘(9:00)-行者小屋(10:15)-美濃戸(11:20)

休憩時間を含む。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください