スピード登山 八ヶ岳・権現岳(2715m)と編笠山(2524m)

晴天が約束された山というのは、いつ来ても素晴らしいです。
普段なら奥多摩の緑深き山に登るのですが、「景色がぱぁーっと、空がすかぁーっ」としている山に登りたく、権現岳を選びました。
そして、権現岳を登っているうちに、編笠山にも登りたくなり計画を変更して2座登りました。

また、前回(2006/9/25)と同じようにできる限り早く頂上に到着しようとする試みも含まれています。。。

  • 2008年9月10日(水) 快晴
  • アクセス
    中央自動車道?小淵沢IC?観音平駐車場
  • コースタイム
    観音平駐車場(8:00) -> 雲海(8:25) -> 押手川(8:45) -> 青年小屋(9:30) -> 権現岳(10:15) -> 休憩を取り出発(10:50) -> 青年小屋(11:10) -> 編笠山(11:30) -> 休憩を取り出発(11:50) -> 下山(13:00)


大きな地図で見る

昭文社の地図に掲載されているコースタイムは絶対におかしい。
今回歩いた時間は、昭文社のコースタイムのちょうど半分の時間で歩いていることになってしまうからです。
確かに相当速いペースではあるとは思いますが、半分まで縮むというのも・・・。

P1050516.jpg
出発。
駐車場はやっと停められるくらい。
P1050519.jpg
雲海。
P1050525.jpg
押手川。
人が多かったので、さっさと通過。
写真、ぶれまくり。
P1050533.jpg
青年小屋。
今までなかったトイレが新設。
後ろは権現岳。
P1050545.jpg
登り甲斐のあるザレ場を一気に登る。
P1050554.jpg
登り切ると、頂上まであと少し。
P1050556.jpg
そして、頂上。
ここからの景色はいつも素晴らしい。
P1050558.jpg
ありきたりな写真だけど、
主峰赤岳は美しい。
P1050584.jpg
三戸山方向に富士山が鎮座する。
P1050592.jpg
今回も40分くらい居てしまった。
ガレ場を一気に下る。
P1050596.jpg
青年小屋に戻り、
編笠山へ。岩が足に苦痛をもたらした。
P1050599.jpg
そして、頂上。
こちらの方はすごいにぎわっていた。
P1050615.jpg
そして、下山開始。
P1050619.jpg
足の親指に皮がずれるのが分かり、
やや慎重に下る。
P1050621.jpg
初秋の涼しい風と残暑の暑い太陽が入り混じる。
P1050623.jpg
そして、駐車場に戻る。
ここまで混んでいるのは初めて。

最近は頂上でなんとなく動画も撮っていますので、Youtubeにアップしておきました。
暇つぶしにどうぞ。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)