ASUS Chromebook Flip C100PAがやってきた。

この感覚は、やばいです。

DSC04458

Xperia Z4 Tabletでは欲求が満たされなかった。

昨年末に購入した「Xperia Z4 Tablet」ですが、使い道がよく分からなくなり、新年を迎えてから使っていません(汗
と、言うのも、、、

  • キーボードがオプションであるとは言っても、androidではデスクトップのようには使えなかった。(テキスト選択やIMEの使い勝手など)
  • 機能が多すぎた。
    →映画、音楽、PS4などを楽しむ方なら最高のガジェットだと思います。
  • Xperia Z3 Tablet Compactのコンパクトな使い勝手の良さから離れられなかった。

と言った理由からです。
自分がクリエイティブな人間ではないことを改めて認識しましたw

Chromebookが面白そう

言わずと知れた、Google信者向けPC?です。
chromebook-google-site

Chromebookもいろいろあるわけですが、中でもASUS Chromebook Flip C100PAが気になりました。

ビックカメラで触ったり、いろいろ調べているとChromebookはただのブラウザ専用パソコンとは違うということが分かってきたので、迷うことなく買ってしまいました。

ちなみにWindowsPCを買って、Windowsを削除してXubuntuを入れることも考えましたが、ドライバーの問題が気になり購入はやめました。(Dell New XPS 13が欲しかったけど)

買ってみて。

お、面白すぎる。
Linux&Google信者ならすぐに買うべきだと思います。

  • 何と言っても安い!
  • 余計なものがないから起動が速い!
  • 必要な機能がなければXubuntuとかで補える!

もっと早く知っていれば良かったです。
この、”いじってる感”がハンパなくて楽しいです。

先人の皆様がいろいろと環境を整えてくださっているので、それほど時間がかからずにXubuntuをインストールできました。

DSC04460

メモリーが2GBしか搭載されていないので、空きメモリーが心配でしたが意外といけます。
デベロッパーモードでbashが使えるようになるので、freeコマンドで見てみました。
SWAPももりもり発生していますが、buffer/cacheの空きが876MBあるので、耐えられています。
flip-free-memory

bashが使えるので、SSHもらくちん。
Screenshot 2016-01-10 at 15.56.19

1日使ってみた雑感

  • 基本的にブラウザのGoogle Chromeを使うだけの機能しかないので、ハードウェアがチープな構成になりがち。(もちろん、チープな構成で動作そのものは十分ですが。)
    →GoogleのChromebookである「Pixel」くらいハイスペックなものを他のメーカーも発売して欲しい。
    ハードウェアに妥協はして欲しくない。
  • ASUS flip自体のハードウェアには満足。筐体がアルミニウム?のせいか、朝触ってみると恐ろしく冷たいw
  • キーボードは打ちやすい。Z4 Tabletのチープなキーボードとは比較にならない。
  • 10インチ液晶で、解像度が1,280×800ドット(WXGA)という構成には、不満はありません。IPS液晶で綺麗です。
  • スピーカーの音が意外にもいい音を出すのでびっくりしました。
  • WPSがないのでポケットwifiに接続する時は苦労しましたw

Windowsにこだわらず、常にオンラインな環境が整えば、結構いいと思います。>Chrome OS。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)