E72のファームアップ 021.004 -> 023.002

E72のファームアップが来ていたのでアップデートしてみました。

いつものように「Device Software Update」なページからE72を選択。
Product Codeが必要ですので、外箱に書いてあるのを見るか、バッテリを外してそれを見てください。

作業環境は、Ubuntu9.10 + WindowsXP SP3 on VMware Plyaer で実施、、、するつもりが失敗。

アップデータのダウンロードはうまくいくものの、E72がホワイトアウトした後にVMware Playerが端末を認識していないっぽい。
作業前は「E72-1」と表示されているものの作業中になると「Nokia USB ROM」と表記が変わってしまい、WindowsXPにドライバがインストールされずにそのまま終了。

仕方なく、純WindowsXP SP3の環境で実施したらあっけなく終了しました。

アップデータの内容はよく分かりませんが、どっかのサイトを見ると

・Few errors corrected
Taiwan CHT sim APN correction from WAP APN to Internet AP as requested by the operator
Remote Search correction if space is included to the searched text in Chinese variant when using English language
Life timer showed on Taiwan and Hong Kong
Calculator corrected for Arabic language variants
Western Sahara removed from country list

台湾のCHT simカード使用時のアクセスポイントをWAPからInternet接続のアクセスポイントへ変更したこと。
英語言語に設定していて、中国語の検索文字の中にスペースが含まれている際のリモート検索(Google検索みたいなもの?)を修正した。
台湾と香港・・・ライフタイマーって??
アラビア言語圏での計算機を修正した。
西サハラを国リストから外した。

あまりメリットがないような。公式のアップデータの方には22.007のアップデート内容(安定性の向上、Bluetooth、GPSのパフォーマンス改善、Mail for Exchangeの複数フォルダの改善)しか書いていないな・・。

ちなみにallfiles化した状態でアップデートをかけましたが、RomPatcherを起動したところ、allfiles化できているようで特定のフォルダも見られました。

あと、MMS改行問題は残っていました。

ただただむなしく半角スペースが入るだけ・・・。

NOKIAE72, NOKIA

Posted by boolee