滋賀・賤ヶ岳をトレイルランニング

古戦場跡・賤ヶ岳をトレイルランニング

ちょっと斜め

今回のトレイルランニングのお供はXperia Mini。
Xperia Miniにやってもらったのは、

  • MyTracksでGPSログを取りつつ
  • 地図ロイドで事前に読み込んでおいた国土地理院地図を表示+GPSで現在地を確認
  • 写真を撮りながら走り
  • 最後はミュージックを起動させて音楽

を聞きながら走りました。

時間とか。

余呉駅(8:50) -> 賤ヶ岳江土登山口(8:53) ->賤ヶ岳頂上(9:50) -> 適当に休憩後出発(10:05) ->琵琶湖と余呉湖の分岐(10:15) -> 余呉湖・湖畔(10:25) -> 反時計回りに回る -> 余呉駅(10:30)

GPSログとか。

スタートは余呉駅。

田んぼが眼前に広がるのどかな駅です。

駅をまっすぐ進んで、登山道へ。

江土登山口へ。

こんな感じの登り口。

道はすごく走りやすく、ルートもかなりしっかり整備されています。

中川清秀の墓とか行きましたけど、詳しくは割愛。

頂上直下以外は尾根道を走るので、楽しい。
走りながら撮ったから手ブレ。

ときどき地図Droidで現在地を確認。
さすがソフトバンク。
圏外になることが多かったですが、事前に知図を読み込んでおくことが出来るので、問題ありませんでした。

そして頂上。

眼下には余呉湖が。

琵琶湖も見える。

賤ヶ岳頂上は、近くまでリフトで上がることができるので、平日にも関わらず、人が結構いました。

余呉駅のダイヤが1時間に1本程度なので、景色を楽しむのもそこそこに下山開始。
琵琶湖と余呉湖の分岐。

あっという間に余呉湖畔へ。

あとは道路を走るので、足元はいいです。
振り返って、賤ヶ岳。
凹んだ所がさっきの、余呉湖と琵琶湖の分岐。
その左上に上がっていった所が賤ヶ岳。

無事に駅に戻りました。
ちょうどお米の収穫中。

賤ヶ岳は道もいいし、トレイルランニング初心者にはいい道だと思います。

うー、Xperia Activeが欲しくなってきた。ちょっと大きいのが難点だけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)