Xperia rayの空きメモリ。

いろいろ使っているとだんだんともっさりとしてくるので、空きメモリを増やしてみました。

いろいろなアプリがありますけど、結局最初から無駄なアプリが入っていなければいいんじゃないの?
という結論に達しました。

そこでまたまたxdaの登場。

[KERNEL & ROM] [RAY] Ray / Stock-based: kernel/rom Repack by 4pda.ru team

説明文を読むと

純正ROMから不必要なアプリは削ったよ、カーネルは役に立つような修正を加えたものだよ、と。
不要なものが本当に削られているので、GAPPSを入れないとGoogle系のアプリはインストールされません。

必要なもの

  • ST18i_REPACK4PDA_6.zip(これがROM)
  • bootuv5.img(これがカスタムkernelの入ったイメージファイル)
  • gapps-gb-20110828-signed.zip
    これはCyanogenmodのページからゲットできます。

作業開始

まずは、TitaniumBackupでバックアップを取ってから、Flashtoolを使いSO-03Cに戻しました。

まずは内部ストレージから。空き容量は「302MB」

次にRAM.
空きは「187MB」

docomo romには興味が無いのでROM焼きへ。

カスタムROMを焼きます。
bootloaderがunlockされているのは当然。
fastbootモードからさくっといきましょー。
DOS窓から

C:\>fastboot devices 
CB511U7ERS&ZLP? fastboot 
?
C:\>fastboot flash boot bootuv5.img 
sending 'boot' (4586 KB)... 
(bootloader) USB download speed was 8027kB/s 
OKAY [? 0.736s] 
writing 'boot'... 
(bootloader) Download buffer format: boot IMG 
(bootloader) Flash of partition 'boot' requested 
(bootloader) S1 partID 0x00000003, block 0x00000148-0x00000179 
(bootloader) Erase operation complete, 0 bad blocks encountered 
(bootloader) Flashing... 
(bootloader) Flash operation complete 
OKAY [? 0.910s] 
finished. total time: 1.647s

焼き上がり。

ClockworkMod Recoveryも一緒に入っているので、電源オンしてSony Ericssonのロゴが出たらボリュームダウンボタンを押しておくとカスタムリカバリに入れます。

factory resetもwipeもしなくていいみたいです。

install zip from sdcardから先ほど落としたZIPファイル2つを指定すればOK。
rebootをかけてみます。

システム情報

内部ストレージの空き容量は「363MB」
60MB程度増えました。

空きメモリ。「217MB」
30MB程度増えた。

インストールされてるアプリ。

これだけしか入っていません。
すっきりしていていいですね。
この段階だとインターネットに接続されていませんが、接続できるようなるとMarketが表示されました。

あとは少し使って、不具合とかがないか様子を見てみます。

 

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください