Xperia Uの基盤を移植

朝起きたら、サンタさんが届けてくれたんだ・・・、きっと。


左が壊れかけのXperia U。

何故か手元にもう一台の健康的なXperia Uが。
何かを犠牲にしたわけじゃない。
そう信じれば何も怖くない(笑)

故障箇所が基盤そのものなのか、液晶なのか。
分からないので、画面タッチ操作が一切できなくなるという不感症になってしまったXperia Uと健康的なXperia Uの基盤を移植して動作確認をしてみました。
できればbootloader unlockをするのも1台だけにしておきたいという気持ちも。

さっそく分解。

次に旧・Xperia Uの基盤を新・Xperia Uへ移植。

電源が入るかどうかとタッチパネルができるかどうかという確認のためだけだったので、基盤むき出しのまま電源ON。いいのかな。

すると問題なくタッチパネルも操作できました。

間違って中国語?のまま設定を進めてしまって、「設定」の画面でどうしていいか分からない図。

逆も試してみましたけど案の定、画面操作は一切受け付けてくれません。
Moumantaiさんのところで液晶パネルを扱いだしたら、修理してみましょう。

ということでrootedなimgファイルも公開されたようですので、先に進みたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください