北海道・ニセコアンヌプリを登山とトレイルランニング。

北海道・倶知安(くっちゃん)町のニセコアンヌプリを登って来ました。

今回の登山概略

  • 登山日:2012年09月15日(土) 晴れのち曇り
  • コースタイム
    ◇1回目(登りは歩き、下りは走る)
    五色温泉登山口(8:50)>>見返坂分岐(9:05)>>頂上(10:10)>>頂上にて30分くらい滞在。>>下山開始(10:40)>>五色温泉登山口(11:05)
    ◆2回め(登り、下りともに走る。)
    五色温泉登山口(11:10)>>頂上(11:50)>>頂上にて5分くらい滞在。>>下山開始(11:55)>>五色温泉登山口(12:20)

ニセコアンヌプリとは

北海道の、しかも倶知安という地名を知っていてかつ読める人はなかなかいないのかな?というのが正直な感想です。(私は上司の出身地が倶知安町だったので知っていましたが)
また、ニセコアンヌプリっていうのは名前には聞いたことあるけど、いまいちよく分かりませんでした。
なので、Wikipediaでお勉強。

名前としてはスキー場の方が有名なようで、山としては「日本三百名山」の一つと知られているそうです。
地図ではこのへん。

Google Mapはこちら。

現地までのアクセス。

前日のうちにJR倶知安駅に到着し、「五色温泉 ニセコ山の家」の方の送迎車で一気に宿まで載せてもらいました。

部屋にはテレビもないし、トイレも共同。
いわゆる「山小屋形式」ですね。
公式サイトのブログに書いてあるとおり、

建物も設備も古いですが、泉質の良さだけは我々も自信を持ってアピールできます。

お湯は良かったです。
食事に関しても、申し分なし。
山の幸を堪能させていただきました。
夜空も綺麗でしたー。

登山当日

翌朝は朝食をバッチリ頂いて、ニセコ山の家のすぐ近くにある登山口からまったりとスタート。

これ以上ないというくらいゆっくりとしたペースで登りました。
ルート自体はただ登るだけ、という感じ。ハイキングには持ってこいだと思います。

見返坂分岐。

途中、リスに出会いました。

標高を上げていくと反対側にはイワオヌプリがよく見えました。

最後の登り?

1時間45分という地図の表記がありましたが、まったり歩いて1時間20分程度で頂上に到着。

頂上からは蝦夷富士と名高い「羊蹄山」の雄姿を拝むことができました。

ここから先、「鏡沼」と呼ばれる沼に行こうと思い立ちました。

すぐ下に見えるのですが、登山道が今ひとつはっきりとしないため、断念。
時間があればトライしたかったです。

下山途中、まったりと歩いて下っていたのですが、どうもつまらないのでトレイルランニングスタート。

一気に走って山を下り、登山道入り口にあるトイレで用を足して再スタート(笑)
二度目だから写真を撮る気もなし。

さすが2回目。
膝が笑うし、体力が持たない!
空も雲で覆われ始めました。

1度目の下山で追い抜いていった方を今度は登りでお会いするという変な感じ。
「何度も迷惑かけます」と一言言いながら道を譲ってもらい頂上へ。
なにせ一番多くあった方は1度目の下り、2度目の登り、2度目の下りの合計3回も迷惑をお掛けしてしまいました。

頂上は雲に覆われていて、もう羊蹄山を見ることはできませんでした。

景色も見えないので頂上滞在5分程度で下山開始。
下山時刻は12時20分ころ。所要時間は25分くらい。

トレイルランニングでは頂上まで40分かかってしまいました。
自分の基準は「地図上の所要時間の3分の1で走ること」
地図上のタイム、1時間45分、すなわち105分の3分の1は35分ですので、ダメですね。
確かに最近、太り気味なのでダイエットまでは言いませんが、もう少しベスト体重に近づけようと思いました。

さすがに2度同じ山に登るのは疲れました。
それと久しぶりのトレイルランニングなので足がいたーい。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)