[2016 Xperia 4機種]バッテリー消費量を比較してみた。

スマートフォン

Xperia XZを買ってみたので、しつこく。

screenshot_20161017-225155

気になるバッテリー消費

以前、Xperia X Performance、X無印、X Compactの3機種を同じ条件でバッテリー消費量の比較をしてみました。

なんで、ここまでバッテリーにこだわるか、自分でもよく分かりませんが(笑)、一度始めてしまったので、やってみます。

以前の記事のコピペ的な感じになります。

実験方法

実験は

  1. Softbank回線(LTE)+ウェブページ連続リロード
  2. Aterm WG2600HP+AbemaTV 3時間連続再生
  3. Aterm WG2600HP + スリープ
  4. Antutu Benchmark連続13回実行

以上、4つを行います。

スペックのおさらい

まずは簡単に比較してみました。

Xperia XZ
F8332
Xperia X Performance
F8132
Xperia X
F5122
Xperia X Compact
F5312
ChipsetQualcomm MSM8996
Snapdragon 820
Qualcomm MSM8956
Snapdragon 650
CPUQuad-core
(2×2.15 GHz Kryo & 2×1.6 GHz Kryo)
Hexa-core
(4×1.4 GHz Cortex-A53 & 2×1.8 GHz Cortex-A72)
Memory3GB
Display5.2 inches
1080 x 1920 pixels
5.0 inches
1080 x 1920 pixels
4.6 inches
720 x 1280 pixels
3G/LTE HSPA 42.2/5.76 Mbps
LTE Cat9 450/50 Mbps
HSPA 42.2/5.76 Mbps
LTE Cat6 300/50 Mbps
WifiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,dual-band
Battery 2900 mAh2700 mAh2620 mAh2700 mAh

あとホワイトペーパーの数値も載せておきます。

Xperia XZ
F8332
Xperia X Performance
F8132
Xperia X
F5122
Xperia X Compact
F5312
 通話時間
(3G)
17時間30分15時間40分14時間14時間6分
待受時間
(3G)
610時間540時間600時間750時間
待受時間
(LTE)
590時間530時間 540時間 670時間
Battery2900 mAh2700 mAh2620 mAh2700 mAh

なんだかんだ、バッテリー容量がモノを言っているようです。

Softbank回線(LTE)+ウェブページ連続リロード

テスト環境

  • Softbank回線(LTE)
  • 実験時間は1時間。
  • Yahoo!のトップページを10秒間隔でリロードを繰り返す。
  • 画面の照度は50%固定
  • GPS、BluetoothはON。
  • STAMINAモードはOFF。

です。

ウェブページのリロードには

を使いました。

Xperia XZ F8332の結果

screenshot_20161014-154531screenshot_20161014-154535

1時間で100%→89%なので、1時間あたり11%消費しています。
この数値から0%になるまでの予測時間。

  • 100%÷11%/h=9.09h=9時間54分。ミスりました。
  • 100%÷11%/h=9.09h=9時間04分。

4機種の結果を比較

1時間あたりの消費量バッテリー残が0%になるまでの予測時間
Xperia XZ F8332 11% 9時間04分
Xperia X Performance F812215%6時間40分
Xperia X F512213%7時間41分
Xperia X Compact F53217%14時間16分

XZが意外と頑張ってます。

Aterm WG2600HP+AbemaTV 3時間連続再生

すっかりお馴染みの動画再生ベンチマークソフト「AbemaTV」を使ってみます。
screenshot_20160918-115929

テスト環境

  • 画面の照度は50%固定
  • Wifi、GPS、BluetoothはON。
  • STAMINAモードはOFF。

自宅で使用しているルーターは

です。

Xperia XZ F8332の結果

screenshot_20161016-145430screenshot_20161016-145436

3時間で36%消費。
1時間あたりの消費を計算。
36%÷3h=12%/h

ここから100%から0%になるまでの時間を予測。
100%÷12%=8.33=8時間19分。

4機種の結果を比較

1時間あたりの消費量バッテリー残が0%になるまでの予測時間
Xperia XZ F8332 12.0% 8時間19分
Xperia X Performance F812217.0%5時間52分
Xperia X F512214.7%6時間48分
 Xperia X Compact F532110.3%9時間42分

おおー素晴らしい。

Aterm WG2600HP + スリープ時

基本的に寝ている間に測定。

  • wifiはスリープ時も接続
  • bluetooth、GPSはすべてON

Xperia X Performanceのみ、バッテリーが異常に減りましたがどうでしょうか。

screenshot_20161013-062617

おおよそ、6時間で3%の消費でした。

3%÷6時間=0.5%/h

4機種の結果を比較

1時間あたりの消費量
Xperia XZ F83320.5%
Xperia X Performance F81222.5%
Xperia X F51220.5%
 Xperia X Compact F53210.13%

まぁ、ぼちぼちな結果でしょうか。

Antutu Benchmark連続13回実行

バッテリーを100%にして、連続13回、AntutuBenchmarkを実行しました。
発熱具合を調べます。

antutu-bench

Xperia XZ F8332の結果

回数バッテリー残温度antutuスコアパフォーマンス低下率
実行前100%28.0℃
1回目98%35.2℃1389160.0%
2回目96%38.2℃127253-8.4%
3回目93%38.5℃126278-9.1%
4回目92%40.7℃126278-9.1%
5回目90%37.2℃127156-8.5%
6回目87%36.7℃130791-5.8%
7回目84%37.2℃131362-5.4%
8回目82%37.2℃130248-6.2%
9回目79%38.0℃127789-8.0%
10回目76%38.2℃125588-9.6%
11回目74%37.7℃128829-7.3%
12回目71%37.7℃127782-8.0%
13回目68%38.2℃127554-8.2%

今回は、他の3機種と平均値を比べてみました。

温度antutuスコアパフォーマンス低下率
Xperia XZ37.1℃128910-7%
Xperia X erformance38.4℃114869-14%
Xperia X38.1℃74611-4%
Xperia X Compact38.2℃74132-2%

antutuスコアはSOCに依存するので、数値的な問題は仕方のないことですが、温度上昇を防ぐために、パフォーマンスを低下させる度合いに注目します。
残念ながら、Xperia X Performanceのパフォーマンスの悪さにがっかりです。

結論

  • Xperia X Performanceは一体、何のために開発されたんだろうか・・・。
booleeをフォローする
BOOLEE STREET.net

コメント

  1. 匿名 より:

    9.09hは9時間と5.4分なのでは?9時間05分

  2. boolee より:

    こんばんは?。
    おっと、お恥ずかしいミスでした。
    ご指摘、ありがとうございます。
    後ほど、修正します。