[2016 Xperia 4機種]バッテリー消費量を比較してみた。

Xperia XZを買ってみたので、しつこく。

screenshot_20161017-225155

気になるバッテリー消費

以前、Xperia X Performance、X無印、X Compactの3機種を同じ条件でバッテリー消費量の比較をしてみました。

なんで、ここまでバッテリーにこだわるか、自分でもよく分かりませんが(笑)、一度始めてしまったので、やってみます。

以前の記事のコピペ的な感じになります。

実験方法

実験は

  1. Softbank回線(LTE)+ウェブページ連続リロード
  2. Aterm WG2600HP+AbemaTV 3時間連続再生
  3. Aterm WG2600HP + スリープ
  4. Antutu Benchmark連続13回実行

以上、4つを行います。

スペックのおさらい

まずは簡単に比較してみました。

Xperia XZ
F8332
Xperia X Performance
F8132
Xperia X
F5122
Xperia X Compact
F5312
Chipset Qualcomm MSM8996
Snapdragon 820
Qualcomm MSM8956
Snapdragon 650
CPU Quad-core
(2×2.15 GHz Kryo & 2×1.6 GHz Kryo)
Hexa-core
(4×1.4 GHz Cortex-A53 & 2×1.8 GHz Cortex-A72)
Memory 3GB
Display 5.2 inches
1080 x 1920 pixels
5.0 inches
1080 x 1920 pixels
4.6 inches
720 x 1280 pixels
3G/LTE  HSPA 42.2/5.76 Mbps
LTE Cat9 450/50 Mbps
HSPA 42.2/5.76 Mbps
LTE Cat6 300/50 Mbps
Wifi Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac,dual-band
Battery  2900 mAh 2700 mAh 2620 mAh 2700 mAh

あとホワイトペーパーの数値も載せておきます。

Xperia XZ
F8332
Xperia X Performance
F8132
Xperia X
F5122
Xperia X Compact
F5312
 通話時間
(3G)
17時間30分 15時間40分 14時間 14時間6分
待受時間
(3G)
610時間 540時間 600時間 750時間
待受時間
(LTE)
590時間 530時間  540時間  670時間
Battery 2900 mAh 2700 mAh 2620 mAh 2700 mAh

なんだかんだ、バッテリー容量がモノを言っているようです。

Softbank回線(LTE)+ウェブページ連続リロード

テスト環境

  • Softbank回線(LTE)
  • 実験時間は1時間。
  • Yahoo!のトップページを10秒間隔でリロードを繰り返す。
  • 画面の照度は50%固定
  • GPS、BluetoothはON。
  • STAMINAモードはOFF。

です。

ウェブページのリロードには

を使いました。

Xperia XZ F8332の結果

screenshot_20161014-154531screenshot_20161014-154535

1時間で100%→89%なので、1時間あたり11%消費しています。
この数値から0%になるまでの予測時間。

  • 100%÷11%/h=9.09h=9時間54分。ミスりました。
  • 100%÷11%/h=9.09h=9時間04分。

4機種の結果を比較

1時間あたりの消費量 バッテリー残が0%になるまでの予測時間
Xperia XZ F8332  11%  9時間04分
Xperia X Performance F8122 15% 6時間40分
Xperia X F5122 13% 7時間41分
Xperia X Compact F5321 7% 14時間16分

XZが意外と頑張ってます。

Aterm WG2600HP+AbemaTV 3時間連続再生

すっかりお馴染みの動画再生ベンチマークソフト「AbemaTV」を使ってみます。
screenshot_20160918-115929

テスト環境

  • 画面の照度は50%固定
  • Wifi、GPS、BluetoothはON。
  • STAMINAモードはOFF。

自宅で使用しているルーターは

です。

Xperia XZ F8332の結果

screenshot_20161016-145430screenshot_20161016-145436

3時間で36%消費。
1時間あたりの消費を計算。
36%÷3h=12%/h

ここから100%から0%になるまでの時間を予測。
100%÷12%=8.33=8時間19分。

4機種の結果を比較

1時間あたりの消費量 バッテリー残が0%になるまでの予測時間
Xperia XZ F8332  12.0%  8時間19分
Xperia X Performance F8122 17.0% 5時間52分
Xperia X F5122 14.7% 6時間48分
 Xperia X Compact F5321 10.3% 9時間42分

おおー素晴らしい。

Aterm WG2600HP + スリープ時

基本的に寝ている間に測定。

  • wifiはスリープ時も接続
  • bluetooth、GPSはすべてON

Xperia X Performanceのみ、バッテリーが異常に減りましたがどうでしょうか。

screenshot_20161013-062617

おおよそ、6時間で3%の消費でした。

3%÷6時間=0.5%/h

4機種の結果を比較

1時間あたりの消費量
Xperia XZ F8332 0.5%
Xperia X Performance F8122 2.5%
Xperia X F5122 0.5%
 Xperia X Compact F5321 0.13%

まぁ、ぼちぼちな結果でしょうか。

Antutu Benchmark連続13回実行

バッテリーを100%にして、連続13回、AntutuBenchmarkを実行しました。
発熱具合を調べます。

antutu-bench

Xperia XZ F8332の結果

回数 バッテリー残 温度 antutuスコア パフォーマンス低下率
実行前 100% 28.0℃
1回目 98% 35.2℃ 138916 0.0%
2回目 96% 38.2℃ 127253 -8.4%
3回目 93% 38.5℃ 126278 -9.1%
4回目 92% 40.7℃ 126278 -9.1%
5回目 90% 37.2℃ 127156 -8.5%
6回目 87% 36.7℃ 130791 -5.8%
7回目 84% 37.2℃ 131362 -5.4%
8回目 82% 37.2℃ 130248 -6.2%
9回目 79% 38.0℃ 127789 -8.0%
10回目 76% 38.2℃ 125588 -9.6%
11回目 74% 37.7℃ 128829 -7.3%
12回目 71% 37.7℃ 127782 -8.0%
13回目 68% 38.2℃ 127554 -8.2%

今回は、他の3機種と平均値を比べてみました。

温度 antutuスコア パフォーマンス低下率
Xperia XZ 37.1℃ 128910 -7%
Xperia X erformance 38.4℃ 114869 -14%
Xperia X 38.1℃ 74611 -4%
Xperia X Compact 38.2℃ 74132 -2%

antutuスコアはSOCに依存するので、数値的な問題は仕方のないことですが、温度上昇を防ぐために、パフォーマンスを低下させる度合いに注目します。
残念ながら、Xperia X Performanceのパフォーマンスの悪さにがっかりです。

結論

  • Xperia X Performanceは一体、何のために開発されたんだろうか・・・。

関連のありそうな記事

2件のコメント

  1. こんばんは?。
    おっと、お恥ずかしいミスでした。
    ご指摘、ありがとうございます。
    後ほど、修正します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)