deodexなメモ

RAZR iのdeodexがxultimateとかAutoDEOToolでは出来なかったので、そのメモ書き。

ツール

ここから下記をダウンロード

  • baksmali-1.4.1.jar(baksmali.jarにリネーム)
  • smali-1.4.1.jar(smali.jarにリネーム)
  • baksmal
  • smal

ディレクトリ内で実行していく。

仮にディレクトリは「deodex」として、その中に

  • /system/app
  • /system/framework

を端末から引っこ抜いて入れておく。
んで、deodexディレクトリ内に「settings.odex」を入れる。

odexファイルの展開。
コマンドを実行。

java -jar baksmali.jar -d system/framework -x Settings.odex -o Settings

baksmaliの引数

  • 「-d」:bootclassディレクトリの指定。
    ここでは先程の/system/ディレクトリを指定しておく。
  • 「-x」:説明書きを読んでもわからんかったw
    まぁその後にファイル名が来ているので、展開するファイルを指定するんでしょう。
  • 「-o」:出力ディレクトリの指定

てな感じですかね。
実行すると「Settings」ディレクトリが出来上がる。

次に「Settigns」ディレクトリをclass.dexファイルに変換する。

java -jar smali.jar Settings -o classes.dex

これで、「classes.dex」ファイルが出来上がる。
Linuxerな人は

7z a -mx=0 -tzip Settings.apk classes.dex

でオッケー。

Windowsな人はdeodex化されていない「settings.apk」を「7zip」で開く。出来上がったclasses.dexをドラッグアンドドロップで追加するだけ。

これでオッケー。

あとは煮るなり焼くなり。

xultimateで展開していじってみたら、問題なく使えたので大丈夫だと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください