どれだけ速く登れるか?:硫黄岳(2760m)

妻が北八ヶ岳・天狗岳に登るというので、それを見おろしてみよう、と思いすぐ南にある硫黄岳へ行ってきました。

2008年3月2日(日)晴

美濃戸7:30?赤岳鉱泉8:45?硫黄岳頂上10:30?赤岳鉱泉11:45?美濃戸12:30
行動時間5時間(休憩含む)


大きな地図で見る

4時15分起床、4時30分出発。
美濃戸口を過ぎ、美濃戸へ到着。途中の道は雪は多いものの、車での走行に問題はありませんでした。
こんなに晴れているのだから1月に登った赤岳にもう一度登りたいと思いましたが、今回の目的は妻が登る天狗岳を見るためでしたので、断念しました。

登り口
こんなに晴れているのは久しぶり。
北沢
あまり好きではない北沢。
大同心 キャンディ
赤岳鉱泉のアイスキャンデー
赤岳鉱泉 ドーナツ
非常食として持ってきたドーナツ。
大同心との分岐 樹林帯の中
樹林帯の中。
最後の登り?
最後の登り?
分岐
頂上とオーレン小屋への分岐
硫黄岳の頂上へ。 頂上

昇っている日と
頂上から西天狗岳へズーム撮影。
妻はこの1時間前、すでに下山を開始していました。

爆裂火山口
爆裂火山口。
突風がすごく、近づくのを止める。
硫黄岳からの景色
硫黄岳からの景色。
恒例の気温測定
-14℃。体感気温はそれほど寒くなかった。
風が吹けば寒いけど。

下山。

硫黄岳
硫黄岳を振り返る。
下山 樹林帯
樹林帯に入り、アイゼンを離脱。
iou_102.jpg
下りは走るように。

iou_108.jpg
さわのひとしさん、作。

駐車場
無事に下山。
 

 

山自体は初心者雪山コースといった感じですが、天気が良ければアルプス、赤岳など一望できてオススメの山です。
今回は、昭文社の地図では全行程7時間30分のところを休憩を含めて5時間で行ってしまうと言う、無理無理な山行でした。
ただ、写真も撮ったし、大好きな尻セードも相変わらずやったし、5時間の中に楽しさが凝縮できました。
また、赤岳鉱泉から美濃戸まではほとんど走ってました。
帰りは諏訪南IC近くにある「河原の湯」に入りました。

関連のありそうな記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)